ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

(前編)東宝VSディズニー再戦! 巨人 VS 1.5センチのヒーローはどちらに軍配が? | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【週末シネマリサーチ】(前編)東宝VSディズニー再戦! 巨人 VS 1.5センチのヒーローはどちらに軍配が?
(2015年 9月 18日)

【週末シネマリサーチ】(前編)東宝VSディズニー再戦! 巨人 VS 1.5センチのヒーローはどちらに軍配が?

『(前編)東宝VSディズニー再戦! 巨人 VS 1.5センチのヒーローはどちらに軍配が?』
『アントマン』
(C)Marvel 2015

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  【週末シネマリサーチ】〜意外なところにヒットの秘密が!〜

週末公開される注目映画の興行収入や観客動員数を、キャストのメディア露出や注目ニュース度をもとに推測! ヒット予想を展開します。「あの人の熱愛!」や「思わぬスキャンダル」報道が大ヒットの要因になるかも!?


9月12日-13日のランキングは、ソニーピクチャーズ配給の『ピクセル』が全国620スクリーンで動員13万9000人、興収2億1000万という数字で首位スタートを切った。当欄予想の15-20万人という数字には届かず。2015年に公開され、初登場1位を飾った作品の中では、映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(松竹)の124,275人に次いで低い数字での1位だけに今後どこまで数字を伸ばすか注目だ。当欄1位予想の『天空の蜂』(松竹)は全国312スクリーンで、動員12万6000人の3位スタート。同一配給・同一公開規模の『駆込み女と駆出し男』と動員数もほぼ同じとなった。正直、もう少し数字は伸びると思ったのだが、エンターテインメントという側面より、メッセージ性の強い硬派なイメージが強かったのだろうか。

今週は『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』、『アントマン』、『ヒロイン失格』、『心が叫びたがってるんだ。』などが公開。東宝VSディズニーの頂上決戦にも注目が集まる。
(※ランキングは週末土日の観客動員数、上映館数は公式HPや配給情報参照)

[今週の上位ランキング予想]
◎『アントマン』(ディズニー)
○『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(東宝)
▲『心が叫びたがってるんだ。』(アニプレックス)
△『ヒロイン失格』(ワーナーブラザース)
*『ハイキュー!! 勝者と敗者』(東宝映像事業部)

(◎:大本命 ○:対抗 ▲:一発あり △:穴で *:期待)


◎【1位予想】『アントマン』
体長1.5センチのヒーロー「アントマン」の活躍を描いたアクション映画。特殊スーツを手に入れて「アントマン」になり、人生をやり直そうとする主人公スコット・ラング役をポール・ラッドがつとめる。

全米でマーベルコミックの勢いが止まらない。本作は全米初週で、約5800万ドルを叩き出し首位。2週目も2480万ドルと好調を維持した。マーベルコミック原作の映画は、12作品連続初登場首位という記録を達成している。

日本でも『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が7月4日に全国774スクリーンで公開され、初週で動員50万人超えを記録するなど、マーベルは絶好調。ディズニー映画は2015年、前述の『アベンジャーズ〜』をはじめ、『シンデレラ』が41万9000人、『イントゥ・ザ・ウッズ』が32万8000人、『インサイドヘッド』が31万6000人と軒並み初週で好成績を残している。

本作も330館近くで上映。9月15日には、ジャパンプレミアが行われ、主演のポール・ラッドとペイトン・リード監督が来日。日本語吹き替え版の声優をつとめた、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一や女優の内田有紀、俳優の溝端淳平らと共にファンサービスを行った。大崩れは考えづらく、30-40万人の動員は期待できる。(後編へ続く…)

【週末シネマリサーチ】(後編)東宝VSディズニー再戦!巨人 VS 1.5センチのヒーローはどちらに軍配が?

【関連記事】
【興行トレンド】映画興収の秘密&宣伝文句の変遷(1)/日本では大半の作品の興行収入が不明!
【興行トレンド】映画興収の秘密&宣伝文句の変遷(2)/どんどん長くなる受賞リスト! 最近よく見るロッテン・トマトって何だ!?
【超簡単! いまさら人に聞けない映像用語辞典】パパママ必読! 目に優しい映画鑑賞法、あのスピルバーグもポケモンショックには配慮
【週末シネマリサーチ 9月11日編】東野圭吾原作&堤幸彦監督『天空の蜂』、ヒットの条件はそろった!

MOVIE Collection