ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

マシュー・マコノヒー、自身の名前のついた記念日認定に「とても光栄」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> マシュー・マコノヒー、自身の名前のついた記念日認定に「とても光栄」
(2014年 11月 11日)

マシュー・マコノヒー、自身の名前のついた記念日認定に「とても光栄」

『マシュー・マコノヒー、自身の名前のついた記念日認定に「とても光栄」』
マシュー・マコノヒー

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  『インセプション』『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーラン監督最新作『インターステラー』。この映画が11月22日に公開となるが、それを記念し11月22日が、本作主演マシュー・マコノヒーの名前をつけた「マシュー・マコノ日」という記念日として日本記念日協会によって認定されたことがわかった。

トム・クルーズが10月6日のトムの日に全国の街頭ビジョンをジャック!

これを受け、10月26日(現地時間)にはマコノヒー本人に「マシュー・マコノ日」認定書が届けられ、彼は日本語で「アリガトウ」と大感激。「自分の名前で自分の日ができるのなんて今まで1度もなかったよ。僕の誕生日はちょうど11月なんだよね。僕にとって初めての僕の日。とても光栄なことです」と終始興奮気味。

「これから11月22日をどうしようか考えなくちゃね。なにか日本を表現できるものがいい。たとえば着る洋服でこの日を祝うとか、日本に毎年電話をかけるとか。僕が何をしているか、どこにいるのかを知らせるのもいいね。日本での僕の日にね」とコメント。

まさかのマシューの提案を、配給元のワーナー・ブラザース映画は絶賛検討中とのこと。本作では、壮大な宇宙空間を舞台に、劇的な環境変化によって世界的な食糧危機が訪れる中、マコノヒーらによる人類の存亡を懸けたミッションに挑む人間たちのドラマが、圧倒的なスケールで描かれていく。

なお、マコノヒーのほかに、ハリウッドスターでは10月6日が「トムの日」。また、てんとう虫の大冒険を描いた『ミニスキュル〜森の小さな仲間たち〜』のプロモーションで、10月10日が「てんとう虫の日」に、それぞれ日本記念日協会によって認定されている。

『インターステラー』は11月22日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。

【関連記事】
10月10日が「てんとう虫の日」に正式認定!
マシュー・マコノヒーが主演男優賞『ダラス・バイヤーズクラブ』
ギリギリまで秘密に──マシュー・マコノヒーがブラジル人モデルと自宅で挙式
[動画]『インターステラー』予告編4

MOVIE Collection