ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレリアルガイドムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> 北川景子が森田芳光監督への思いを吐露。女優を続けられたのは監督の一言のおかげ
(2014年 10月 17日)

北川景子が森田芳光監督への思いを吐露。女優を続けられたのは監督の一言のおかげ

『北川景子が森田芳光監督への思いを吐露。女優を続けられたのは監督の一言のおかげ』
北川景子(左)と森田芳光監督(右)

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  2011年12月に急逝した森田芳光監督にオマージュを捧げた『の・ようなもの のようなもの(仮題)』のヒロイン役を北川景子が演じることが明らかになった。

森田芳光監督の遺作『僕達急行』で初共演の松ケンと瑛太が、お互いをベタ褒め!

本作は、森田監督のデビュー作『の・ようなもの』(81年)の後日譚を描いた作品。落語の世界を舞台に、二ツ目(真打ちになる前のタマゴ)の青年、すなわち「落語家…のようなもの」を通じて、「人間はみんな面白い」という森田監督が抱いていたコンセプトをもとに、物語が綴られていく。

落語家・半人前とも言うべき主人公を演じるのは松山ケンイチ。北川は、その師匠の娘で主人公が思いを寄せる一人娘を演じる。森田監督の『間宮兄弟』でスクリーンデビューした北川は、「『間宮兄弟』の合格をもらったときに、『の・ようなもの』のビデオテープを渡されて何度も見ていたので、そのキャストの皆さんが集結する現場を見たときは、感動して鳥肌が立ちました」と、作品への思い入れを吐露。

また、「映画のデビューのときに森田監督の現場を体感できたことは、(女優を続ける上で)すごく大きかったと思います。『間宮兄弟』のクランクアップのときに、森田さんが『女優をやめないでくださいね』って言ってくださったことがあって、これまでやめようかなと思ったときもあったんですけど、その一言が最後の勇気になって、やめずに続けられている」と森田監督との思い出を明かした上で、「なるべく森田さんのやってたことを継承できるように頑張っていきたい」と語った。

一方、主演の松山もコメントを寄せ、「今回、ほとんどの出演者が森田作品経験者なので、そのなかで仕事が出来ることをとても喜ばしく思っております」と出演への思いを打ち明け、「とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います。落語に出会えたのもこの作品のおかげです。落語も存分に楽しみたいと思います」と語った。

松山は『僕達急行 A列車で行こう』(12年)で森田監督と組んだ経験があり、『の・ようなもの』に出演していた伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんらが同じ役柄で出演。『の・ようなもの』から森田作品の助監督/監督補を多数つとめた杉山泰一が本作で監督デビューを飾り、同じく森田組助監督出身の堀口正樹が脚本を担当するなど、森田監督ゆかりの人々が結集している。

『の・ようなもの のようなもの(仮題)』は9月5日に栃木県日光市にてクラインクインし、谷中エリアと世田谷エリアを中心とした東京都内ロケ、小田原ロケ、伊豆ロケを経て9月30日にクランクアップ。来年、公開される予定だ。

【関連記事】
ミニスカ衣装の北川景子、ももクロと結成した「きもクロ」でノリノリダンス披露
『るろうに剣心』シリーズが3作合計で興収120億円を突破!
キーマンは日本人!『ベイマックス』の夕陽ポスターが心を揺さぶるわけ
ファン感謝祭でノリノリの北川景子、マネージャー指さし「クビよクビ! 絶対クビ!」

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『神様メール』カトリーヌ・ドヌーヴ インタビュー

『神様メール』カトリーヌ・ドヌーヴ インタビュー

大女優がゴリラとベッドイン!「いい雰囲気」の撮影現場語る

『スノーホワイト/氷の王国』エミリー・ブラント インタビュー

『スノーホワイト/氷の王国』エミリー・ブラント インタビュー

邪悪でパワフル! 雪の女王を演じた演技派スター

『なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-』里見浩太朗インタビュー

『なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-』里見浩太朗インタビュー

アニメ映画初挑戦に「毎作品がデビュー」と笑う大俳優

『ディストラクション・ベイビーズ』柳楽優弥インタビュー

『ディストラクション・ベイビーズ』柳楽優弥インタビュー

暴力に魅入られた若者の狂気を熱演

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>