ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!
(2009年 11月 18日)

欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!

『欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!』
イベントの途中、照明がブルーに変わって、スモークも焚かれる。写真前列左から、ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ジェームズ、モーガン・リリー。後列左からプロデューサーのハラルド・クローサー、アマンダ・ピート、ジョン・キューザック

他の画像はこちらから

『欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!』
イベントでは、とっておきのネタ「母と子の会話」を披露した欽ちゃんと、レッドカーペットでは欽ちゃんにエスコートされていた神田うの

他の画像はこちらから

『欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!』 『欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!』 『欽ちゃん、とっておきのネタで『2012』のプロデューサーを笑わす!』
左から、リアム… アマンダ・ピー… タイムカプセル…

[ムビコレNEWS]  マヤ文明が予言する「2012年地球滅亡説」をモチーフに、地球に襲いかかる天変地異を描いたディザスター(災害)映画『2012』。この映画のキャスト・スタッフが来日し、11月17日に六本木ヒルズでジャパンプレミアに出席した。

『2012』ジャパンプレミアの動画を見る

レッドカーペットに姿を現したのは、監督のローランド・エメリッヒとプロデューサーのハラルド・クローサー。また、主人公を演じたジョン・キューザック、その元妻役のアマンダ・ピート、子役のリアム・ジェームズとモーガン・リリーもレッドカーペットを歩き、集まったファンに次々とサインするなど、愛くるしさを振りまいていた。

その後は、1人ひとりが順番に登壇。最初にエメリッヒ監督が「雨の中、お越しいただき本当にありがとうございます」と会場に向かって挨拶。続いて、脚本家でプロデューサーで作曲家でもあるハラルドのことを「映画作りは自分を助けてくれる人が必要。この人は僕にとってとても特別な人」と紹介すると、その言葉に感激したクローサーも、エメリッヒに対し「今の紹介、本当に心に響きました。ローランド、ありがとう」と謝意を述べていた。

また、この日は、「2012年12月21日に地球が滅亡する」という映画の内容にちなみ、滅亡するその日に、大切な人に読んでもらうためのメッセージカードを、タイムカプセルにしまうイベントも開催。みんなが大切な人に家族をあげる中、オバマ大統領に向けてのメッセージを記したのはアマンダ。オバマ大統領の任期終了の時期と滅亡の日が近いことから、「4年間ありがとうございました。もう少し長く(大統領で)いてください。我々はあなたが必要です」と話していた。ちなみに、『2012』に出てくる米国大統領役も、オバマ同様アフリカ系アメリカ人のダニー・グローヴァーが演じている。

なお、この日は、萩本欽一、神田うのらもイベントに駆けつけており、欽ちゃんはメッセージの代わりに「母と子の会話」というとっておきのネタを用意。「母ちゃん、ちょっと考えてよ。お弁当のおかず、毎日毎日、梅干しばっかりじゃないか」「でも、梅干しの位置は変えているけど」と披露すると、プロデューサーのハラルドらにウケ、欽ちゃんも「ウケてます、外国人に」と満更ではない様子だった。

【関連記事】
【映画業界研究】桁外れのスケールで『2012』が洋画低迷を吹き飛す!
地球滅亡の危機を描いた『2012』が全米初登場1位を獲得!
エメリッヒ監督とは夫婦のようなものと、『2012』プロデューサー
『2012』ローランド・エメリッヒ監督ら、来日舞台挨拶
[動画]『2012』予告編
『2012』作品紹介

動画がいっぱい!MOVIE Collection[ムビコレ]

MOVIE Collection