ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

【アイドル総研vol.3】総選挙でファンはアイドル路線を選択!?「まゆゆセンター」の意味 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【アイドル総研】【アイドル総研vol.3】総選挙でファンはアイドル路線を選択!?「まゆゆセンター」の意味
(2014年 6月 9日)

【アイドル総研】【アイドル総研vol.3】総選挙でファンはアイドル路線を選択!?「まゆゆセンター」の意味

『【アイドル総研vol.3】総選挙でファンはアイドル路線を選択!?「まゆゆセンター」の意味』
「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」に選ばれた選抜メンバーたち

他の画像はこちらから

『【アイドル総研vol.3】総選挙でファンはアイドル路線を選択!?「まゆゆセンター」の意味』
AKB48選抜総選挙公式サイトより

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  今年も開催、6回目となる「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」が6月7日に味の素スタジアムで行われ、5月21日の速報で3万7582票を獲得し、前回に続き今回も1位の第一候補と目されていた指原莉乃(HKT48、チームH)が、2万5283票と1万2299票の差を付けていた渡辺麻友(AKB48、チームB)に逆転負けをした。

[動画]【ゆるコレ】指原莉乃、総選挙で連覇できなければ滝行を早くも後悔

開票後の数字は1位のまゆゆが15万9854票と歴代新記録を樹立。2位指原の14万1954票に対し、逆に1万7900票の差を付けた形で、まゆゆが指原より3万199票上回ったことになる。

これを受け、ネット上にもさまざまな分析記事などがあがっている。なかには、中国からの大量組織票が動いたことを報じる記事も。また、例年のことではあるが、ネットオークションによる投票券の大量売買問題、さらには投票済みの券を大量に落札した人によるクレームなども記事になっており、こうした大量投票などが及ぼした影響も、まゆゆ1位という結果に無関係ではないだろう。

ただ、1つ言えることは、指原ではなく、アイドルそのものを体現したかのような存在であるまゆゆが1位になったことで、ファンがAKB48はやはりアイドルグループだという選択をしたのではないかということ。

思えば、昨年の総選挙も波乱に満ちたドラマが繰り広げられていた。なかでも、それまで大島優子とセンターの座を争っていた前田敦子の卒業は大きく、今まであった前田票がどこに流れるかに注目が集まった。そういう意味では卒業のため、今回選挙に参加しなかった大島票の行方も大きい。

その大島は昨年2位、まゆゆが3位で、1位は指原だった。その瞬間、アイドルの集団であるAKB48にも大きな転機が訪れた。もともと、指原が本気で1位になると予想した人はメディアにもそれほど多くなかった。それだけに指原の勝利は、青天の霹靂。指原自身「私がセンターになったら、AKBは壊れるとか言われていますが、絶対にAKB48は壊しません」と壇上で語っていたが、この言葉がまさに彼女に対する周囲の評価を物語っている。彼女は本家本流では決してなかったのだ。

それから1年。7日に行われた総選挙は、ある意味、指原がセンターをつとめるAKB体制が続いていくことに不安を感じていたファンにとっては、リベンジの場であった。彼らにとっては前田や大島が築いてきたものこそがAKB48であり、それを踏襲でき、かつ、指原に勝てる可能性のあるメンバーはまゆゆしかいなかった。大島票も指原よりまゆゆに、より多く流れたと推測される。

これに輪をかけたのが速報だろう。1位の指原と2位のまゆゆの差に、愕然としたファンも多いに違いない。もっと頑張らねばという気持ちになっても不思議ではない。

一方で指原は、この差に少し安心してしまったのかもしれない。イベントで「1位になれなかったら滝に打たれて見つめ直したい」と答えたのも、勝てるという思いが少し慢心につながったからこそだろう。

とはいえ、この1年でHKTを引っ張り、今回の総選挙でもHKTを躍進させた手腕は見事なもの。来年以降の総選挙が、前田・大島体制のように、指原・まゆゆの2強体制となるのか、躍進する若手に席を譲ることになるのか? AKB48の今後に注目したい。

【関連記事】
大人AKB48の塚本まり子、総選挙の予想はまゆゆ「いろいろ助けていただいたので」
総選挙第1位のお祝い企画で指原莉乃が映画主演、次々と不運に見舞われるブー子を熱演!
卒業発表の大島優子「AKBにいる私が進めるのはここまでのステップ」と思い綴る
【AKB総選挙2013】総論:総選挙で浮き彫りになった「世代交代」と「地方組の躍進」

MOVIE Collection