ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

山中教授も出演、ノーベル賞受賞式で公式上映された医療ドキュメンタリー予告編が解禁 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 山中教授も出演、ノーベル賞受賞式で公式上映された医療ドキュメンタリー予告編が解禁
(2014年 2月 6日)

山中教授も出演、ノーベル賞受賞式で公式上映された医療ドキュメンタリー予告編が解禁

『山中教授も出演、ノーベル賞受賞式で公式上映された医療ドキュメンタリー予告編が解禁』
山中伸弥教授、『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』より
(C) 2011The University Court of the Uiniversity of Edinburgh.ALL Rights Reserved

他の画像はこちらから

『山中教授も出演、ノーベル賞受賞式で公式上映された医療ドキュメンタリー予告編が解禁』
『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』ポスタービジュアル
(C) 2011The University Court of the Uiniversity of Edinburgh.ALL Rights Reserved

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  iPS細胞(人工多能性幹細胞)を世界で初めて作成し、日本人で2人目となるノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授。その山中教授も出席した2012年のノーベル賞授与式で、公式上映されたドキュメンタリー映画『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』の予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』予告編

iPS細胞は、体の健康細胞をもとに事故や病気で失った部分に移植ができる技術、いわゆる再生医療が可能になった研究で、日本のみならず、世界中の研究者たちの間で大きな関心を呼んだ。

本作は、そんな技術をアニメーションでわかりやすく解説した内容と、山中教授らによる著名な学者のインタビューで構成されている。先日、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーが作り出した「STAP(スタップ)細胞」の偉業を知る上でも欠かせない万能細胞の歴史を解説した、世界唯一の医療ドキュメンタリー映画。

また、日本の研究者たちによって発見されたiPS細胞やSTAP細胞が、世界にどれだけの衝撃を与えているかを世界の研究者の目線から描いた作品となっている。

『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』は2月22日よりアップリンクファクトリーほか限定公開。

【関連記事】
堺雅人がサスペンスシリーズ最新作に主演。クローン技術テーマに天才医師を演じる
小児甲状腺ガン患者59人、福島の子どもたちの現実を追うドキュメンタリーを上映
【週末シネマ】人間の本質に迫り、見る度に新たな発見がある壮大な野心作
『いのちをつくる〜iPS細胞・ES細胞がかなえる未来』作品紹介

MOVIE Collection