ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

山田洋次監督がすまけいに追悼コメント「これからの日本でこそ大活躍してほしかった」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 山田洋次監督がすまけいに追悼コメント「これからの日本でこそ大活躍してほしかった」
(2013年 12月 9日)

山田洋次監督がすまけいに追悼コメント「これからの日本でこそ大活躍してほしかった」

『山田洋次監督がすまけいに追悼コメント「これからの日本でこそ大活躍してほしかった」』
亡きすまけいに哀悼の意を表した山田洋次監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  山田洋次監督が、12月7日に78歳で亡くなった俳優のすまけいに対し、映画会社の松竹を通して追悼コメントを発表した。

コメントは以下の通り(全文)。

「すまけいさんを惜しむ
寛容で暖かくてユーモラスで、こんな大人がいてほしいと日本人なら誰もが思うような人間像を創り出してきた、実にたぐいまれな役者でした。これからの日本でこそ大活躍してほしかったのに、悔しくてなりません」

すまけい(本名:須磨啓)は1935年9月4日生まれ。芸術劇場を経て、「すまけいとその仲間」を結成。「ゴドーを待ちながら」などの翻訳劇で伝説的な舞台をつくり「アングラの帝王」と呼ばれていた。山田洋次監督作には1986年の『キネマの天地』をはじめ、『男はつらいよ』シリーズ、『学校』(93年)などに出演していた。

【関連記事】
三崎千恵子に山田洋次監督が追悼コメント
大ベストセラー作家トム・クランシー死去に米スタジオが哀悼の意「最も偉大な作家」
メリル・ストリープ、サッチャー元首相死去に追悼コメント「女性に新たな選択肢与えた」
西田敏行が会見で故・三國連太郎のストイックな役者人生を述懐
夏八木勲主演『希望の国』の園子温監督が哀悼!「男を演じられる日本最後の俳優」

MOVIE Collection