ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

上戸彩がスペイン語で挨拶、サン・セバスチャン国際映画祭に参加し美食を堪能! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 上戸彩がスペイン語で挨拶、サン・セバスチャン国際映画祭に参加し美食を堪能!
(2013年 9月 27日)

上戸彩がスペイン語で挨拶、サン・セバスチャン国際映画祭に参加し美食を堪能!

『上戸彩がスペイン語で挨拶、サン・セバスチャン国際映画祭に参加し美食を堪能!』
公式ディナーでの上戸彩

他の画像はこちらから

『上戸彩がスペイン語で挨拶、サン・セバスチャン国際映画祭に参加し美食を堪能!』
サン・セバスチャン国際映画祭に参加した上戸彩

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  江戸時代、包丁で藩に仕えた“包丁侍”の家族の物語を描いた『武士の献立』が、スペインで開催中の第61回サン・セバスチャン国際映画祭・料理部門で上映され、主演の上戸彩と朝原雄三監督が舞台挨拶を行った。

上戸彩と高良健吾が石川県ロケ満喫。郷土料理の美味しさに「カラッポになるまで食べた」

舞台挨拶は9月25日に行われ、上戸はスペイン語で「エストイムイ フェリス デ エスタル エン サン セバスチャン エスケリカスコ(サン・セバスチャンに来れて嬉しいです。ありがとう)」と挨拶。

その後、公式ディナーも催され、映画『武士の献立』にオマージュを捧げた特別ディナーを、ゴルカ・チャパルテギ(サン・セバスチャンの星を持つRestaurant ALAMEDAシェフ)と高木慎一朗(たかぎ・しんいちろう/金沢・銭屋 料理人)がコラボレーションで創作し、振る舞ったほか、朝原監督と上戸がロビーで客を出迎えお土産のお箸を配った。

ディナーの席で上戸は「本日は、美食の街サン・セバスチャン国際映画祭に招待され本当に嬉しいです。日本には『いただきます』と食前に言うマナーがあります。この機会にぜひ覚えて帰ってくれたら嬉しいです」と日本文化について説明。朝原監督は「小さい頃に『いただきます』と言わずに食べて怒られていました」と自らの過去を披露し、「皆さんには、『いただきます』と言って食べていただきたいです」と呼びかけた。

観客との質疑応答も行われ、映画を見た観客から「映画のなかで料理を作るのがとても楽しそうに見えるのですが、実際はどうでしたか?」と聞かれた上戸は、「料理するシーンがたくさんあったのですが、まず包丁の形がとても大きく違っていて驚きました。一番大変だったのは、川魚を捌(さば)くシーンで、鱗が大きくてぱんぱん飛んでいったりして、今まで経験したことのない料理ができて楽しかったです。家で料理するのが楽しくなりました」と、撮影エピソードを交えて答えていた。

また、映画祭への参加について上戸は「美食の街に『武士の献立』をご招待いいただき、ワールドプレミア上映ができたことがとても嬉しいです。この作品だからこそ、この街で上映できたのだと思います」と感慨深げ。

その“美食の街”では「ピンチョスが美味しかったです」とお気に入りの一品を明かし、イベントでの料理については「特に、治部煮が美味しかったです。ゴルカさんの角煮も美味しくて、お肉がとても柔らかかったです」と美食を堪能した様子だった。

『武士の献立』は12月14日より全国公開される。

【関連記事】
福山雅治、カンヌに引き続きまた届いたと感じた/サン・セバスチャン国際映画祭
上戸彩、結婚後初の主演作は料理上手な新妻役。時代劇『武士の献立』で夫婦愛描く
Charaが5年ぶりに実写映画主題歌を描き下ろし、恋心を歌った楽曲を上戸彩も絶賛!
[動画]『武士の献立』特報

MOVIE Collection