ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> R指定の洋画でコメディという当たりにくいハンデ乗り越え『テッド』が首位スタート!
(2013年 1月 23日)

R指定の洋画でコメディという当たりにくいハンデ乗り越え『テッド』が首位スタート!

『R指定の洋画でコメディという当たりにくいハンデ乗り越え『テッド』が首位スタート!』
『テッド』
(C) Universal Pictures/Iloura

他の画像はこちらから

『R指定の洋画でコメディという当たりにくいハンデ乗り越え『テッド』が首位スタート!』
『テッド』
(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved./Iloura

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  見た目はキュートだが、中身はオッサンなテディベアが大活躍するる映画『テッド』が週末3日間で興収4億394万円を記録し、まさかの首位デビューをはたしたことがわかった。

[動画]『テッド』予告編

同作は、命が宿ったテディベアが「これでもか!」というくらい、お下品なトークとパフォーマスを繰り広げる15禁映画。昨年6月に全米公開され首位デビューをはたし、最終の全米興収が2億1881万ドル(約197億円/1ドル90円計算)を記録。年間9位にランクインした話題作だ。

日本では1月18日(金)に初日を迎え、公開館数134館(スクリーン数253)と、決して大規模とはいえない状況下で、“洋画のR指定”しかも“コメディ”という当たりにくいハンデも乗り越え、土日2日間で興収3億2600万円、金曜日も入れた3日間で4億円を超える好スタートを切った。これは、最終興収20億円も狙える数字だ。

ぬいぐるみのキャンペーンなども追い風となって、映画館には女子高生から20代の若い女性、カップルを中心とした観客が殺到。有吉弘行がテッドの声を吹き替えたことも話題を呼んだが、字幕版64.4%に対し吹き替え版が35.6%と、ローカル地区を中心に吹き替え版が高稼働したことで、普段、洋画を見ない邦画層の取り込みにも成功したことが、ヒットの要因となっているようだ。

【関連記事】
ローラ「今年こそ恋する」と宣言するも、有吉弘行は範疇外!?/『テッド』イベント
[動画]有吉弘行、ローラ/『テッド』公開記念イベント
『テッド』で声優初挑戦の有吉弘行が毒舌アフレコ会見!
【週末シネマ】『テッド』レビュー

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

6年越しの片思いの末、あっという間に倦怠期の夫婦に!?

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>