ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

織田裕二、天海裕希らが『アマルフィ 女神の報酬』製作報告会見に出席 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…
(2009年 5月 1日)

主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…

『主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…』
『アマルフィ 女神の報酬』製作報告会見にて。左から西谷弘監督、戸田恵梨香、天海祐希、織田裕二、佐藤浩市、真保裕一

他の画像はこちらから

『主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…』
外交官の主人公を演じた織田裕二

他の画像はこちらから

『主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…』 『主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…』 『主演作の記者会見で佐藤浩市に失態をバラされ、織田裕二が苦笑い…』
幼い娘を誘拐さ… 日本大使館の研… 日本人商社マン…

[ムビコレNEWS]  イタリアきっての高級リゾート地アマルフィを舞台にしたサスペンス映画『アマルフィ 女神の報酬』(7月18日より公開)。イタリアでのテロ予告と日本人少女の誘拐事件が絡み合うスケール感あふれるストーリーで、日本映画としては初となる全編イタリアロケを敢行した大作だ。織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、中井貴一、福山雅治、そして世界の歌姫サラ・ブライトマンなど、豪華キャストの共演も話題のひとつ。ちなみに主題歌には、キャストでもあるブライトマンの名曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が使われている。

4月30日、この映画の製作報告会見が開かれ、主演の織田をはじめ、天海、戸田、佐藤ら出演陣と原作者の真保裕一、西谷弘監督やプロデューサ−らが出席。イタリアロケの思い出や大ヒットへの期待などを語った。

フジテレビ開局50周年の記念企画で作られた本作。プロデューサーの大多亮は、「記念作品ということで、テレビドラマの映画化ではなく、オリジナルで作ろうと思った。製作費はフジテレビ映画史上最高額です」と語った。ちなみに、ただでさえ高額な予算は最終的に、「当初の予定通りオーバーしました(笑)」とのことだが、「けれど、お金をかけただけのことはあると確信しています」と出来映えをアピールしていた。

今回、織田が演じるのは、テロ回避のためにイタリアに派遣された外交官・黒田。「最初に話を聞いたときは、何て無謀な企画だと思いました。しかも、全編イタリアロケで、イタリア語をしゃべってくれ、と……」と苦笑い。台本を最初に読んだ時も、「ずいぶんイタリア語が多いなぁと思いました(笑)。(イタリア語は)カタカナの発音だから大丈夫だと言われたのですが、やはり大変でした」と苦労を振り返った。

「大ヒット作になればシリーズ化も。外交官・黒田にはぜひ世界中に行ってもらいたい」と期待を寄せる大多。織田も、「(黒田の役は)可能性を感じるキャラ。掘り下げていけば、どんなおもしろいものが出てくるんだろうと思います」と前向きな姿勢を示した。

昨年末から約3カ月間に渡りイタリアロケが行われたが、「みなさん、お正月返上だったので、お雑煮を作ったりしました」と天海。人気女優が直々に作ったお雑煮について、「とても美味しかったです」と織田が感想を述べると、天海は満面の笑みを記者たちに向け、「太字でお願いします」と、記事にするときには「美味しかった」を強調してもらえるようリクエストしていた。

長期ロケのため、お互いに交流を深める時間もあり、織田、天海、佐藤、福山という豪華メンバーで食事に行ったりもしたという。「見目麗しい景色でした。みなさん、多々、暴言もありましたが、楽しくお食事させていただきました」と満足そうな天海。佐藤は、織田の素顔について「意外とよくしゃべるし、明るいですよ」と誉めた一方、、「人の部屋に赤ワインこぼしていきやがって(笑)」と織田の粗相(そそう)を暴露。大先輩への失態について隣の織田は、苦笑いを浮かべ、「いや、まぁ、その……」とゴマかしていた。

そうそうたる先輩たちに囲まれてかなり緊張気味の戸田は、「イタリアでは無我夢中でやっていました。(現在、編集中だけれど)素晴らしい作品になると確信しています。風景もきれいで、たくさんの方々に楽しんでいただけるのではないかと思っています」と語った。

【関連記事】
社会派ドラマでセクシー女医を演じた木村佳乃。自分の役名を忘れ、監督も苦笑い…
『恋極星』初日舞台挨拶で戸田恵梨香、加藤和樹、AMIY MORI監督が登壇

MOVIE Collection