ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『オーストラリア』プレミアイベントにバズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、米倉涼子が登場! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 監督とヒュー・ジャックマンから舞台でキッスを受けたニコール・キッドマン
(2009年 2月 26日)

監督とヒュー・ジャックマンから舞台でキッスを受けたニコール・キッドマン

『監督とヒュー・ジャックマンから舞台でキッスを受けたニコール・キッドマン』
『オーストラリア』プレミアイベントにて。左からバズ・ラーマン監督、米倉涼子、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン

他の画像はこちらから

『監督とヒュー・ジャックマンから舞台でキッスを受けたニコール・キッドマン』
同じオーストラリア出身で仲の良さそうなニコール・キッドマン(左)とヒュー・ジャックマン(右)

他の画像はこちらから

『監督とヒュー・ジャックマンから舞台でキッスを受けたニコール・キッドマン』
日豪美女がそろ…

[ムビコレNEWS]   2月26日夜、東京の有楽町マリオンで映画『オーストラリア』のプレミアイベントが行われ、主演のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマン、監督のバズ・ラーマン、さらに女優の米倉涼子がゲストとして登場した。

 最初に行われたのは有楽町マリオン1階のコンコースを利用したレッドカーペット・セレモニー。1階はもちろん、ガラス張りになっている2階も人が溢れる中、クルマに乗って4人が登場。「キャアー」という黄色い歓声が飛び交う中を練り歩いていく。

 続くイベントはマリオン11階にある日劇1での舞台挨拶。こちらでも「キャアー」という黄色い歓声に迎えられたニコールとヒュー。ニコールが「日本に戻ってこれて、とっても嬉しい」と挨拶すると、ヒューは日本語に挑戦。片言ながら「コンバンハ。ヒュー・ジャックマンデス。ソトハサムイデスガ、オーストラリアハアツイデス」と言った後、続きを忘れたのか、後ろを向いて通訳さんに確認する場面も。振り返って「タノシンデクダサイ」と続けると、場内から割れんばかりの拍手が巻き起こる。

 続いてバズ・ラーマン監督が挨拶をしようとすると、ヒューが軽く手を振ったために「キャアー」という声が。これには監督も「もっともセクシーな男がいて、なかなか僕がしゃべれない」と苦笑い。

 その監督とニコールは、監督の前作『ムーラン・ルージュ』でもコンビを組んだ仲。それゆえか、今回ニコールは、脚本を読む前に出演を決めたとか。「私は本当に彼のことをよく知っていますし、脚本がなくても、俳優にとって監督選びはとても大事なこと。要は、どれだけ私が彼を信じているかで、私は彼との仕事が大好きなんです。だから今後もオファーがあれば、ぜひ仕事がしたいです」と絶賛。これには監督も気をよくし、思わずニコールの頬にキスをする場面も。

 すると今度は、同じオーストラリア出身のニコールとの初共演の感想を聞かれたヒューが「ファンタスティック! 彼女は俳優としても人間としても本当にステキな人。ロマンスのある映画に出るとキスシーンがたくさんあるけど、背が同じくらいなのでとても良かったです」と言うや、ニコールにキッス! 場内も「ヒューヒュー」と思わず色めき立つ。

 この後、監督がレッドカーペットを一緒に歩いた米倉を紹介。「彼女は美しくステキな女性だけど、妻に知られたらまずいので、ここだけの話にしておいてくださいね」と茶目っ気たっぷりに話すなど、終始和やかなムードの中、舞台挨拶は終了した。

 『オーストラリア』は2月28日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開される。

【関連記事】
[動画]『オーストラリア』 ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、バズ・ラーマン監督、米倉涼子 ジャパン・プレミアイベント
『オーストラリア』作品紹介
セクシーなジョージ・クルーニーがヒュー・ジャックマンに伝えた深夜の“祝福”
アンジーに続き、ニコール・キッドマンも引退宣言!?

MOVIE Collection