ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!
(2009年 2月 23日)

『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!

『『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!』
作品賞など8部門受賞に輝いた『スラムドッグ$ミリオネア』 (C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

他の画像はこちらから

『『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!』
故人で助演男優賞を受賞した『ダークナイト』のヒース・レジャー (C) 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

他の画像はこちらから

『『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!』 『『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!』 『『スラムドッグ$ミリオネア』が第81回アカデミー賞で最多8部門受賞!』
『ミルク』で同… 『愛を読むひと… 『それでも恋す…

[ムビコレNEWS]  アメリカ、ロサンゼルスのコダックシアターで22日(日本時間23日)、第81回アカデミー賞授賞式が開催された。授賞式のテレビ番組ではゼネラル・モーターズがスポンサーから撤退し、その他もCM料金が値下げされるなど不況の余波に見舞われたが、ブラッド・ピットやアンジェリーナ・ジョリーなど豪華スターが多数出席し、歌ありダンスありの華やかなセレモニーが行われた。

司会は、昨年の米誌で世界一セクシーな男に選ばれたヒュー・ジャックマン。ミュージカルスターでもある彼は、主演女優賞にノミネートされているアン・ハサウェイや歌手のビヨンセを相手に、ミュージカル仕立てのショウを披露するなど大活躍。大役を小粋にこなしていた。

最多受賞に輝いたのは『スラムドッグ$ミリオネア』で、作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、歌曲賞、録音賞の8部門受賞。予算やスターの力に頼らず、作品の持つ力だけでハリウッドの頂点に輝いた快挙に、いつもはクールな監督のダニー・ボイルも興奮ぎみだった。また、この作品は1987年の『ラスト・エンペラー』以来のアメリカ映画以外での作品賞受賞でもあり、映画の女神に愛された奇跡の作品と言えるだろう。また、昨年、急逝したヒース・レジャーが『ダークナイト』で助演男優賞を受賞、父親と姉妹が感謝と感激のスピーチを行った。

外国語映画賞にノミネートされていた日本映画『おくりびと』も見事受賞。また、加藤久仁夫監督も『つみきのいえ』で短編アニメーション賞を受賞し、日本映画が2作品受賞する快挙を達成した。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの、史上初となるカップルでの演技賞受賞に期待が高まっていたが、共に受賞はならず。そして、オスカー史上初の15回ノミネートに輝くメリル・ストリープも、残念ながら受賞は逃した。

主要部門の受賞は以下の通り。

【作品賞】
★受賞★ 『スラムドッグ$ミリオネア』
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『フロスト×ニクソン』
『ミルク』
『愛を読むひと』

【監督賞】
★受賞★ ダニー・ボイル監督(『スラムドッグ$ミリオネア』)
デヴィッド・フィンチャー監督(『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』)
ロン・ハワード監督(『フロスト×ニクソン』)
ガス・ヴァン・サント監督(『ミルク』)
スティーヴン・ダルドリー監督(『愛を読むひと』)

【主演男優賞】
★受賞★ ショーン・ペン(『ミルク』)
リチャード・ジェンキンス(『ザ・ヴィジター』原題)
フランク・ランジェラ(『フロスト×ニクソン』)
ブラッド・ピット(『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』)
ミッキー・ローク(『レスラー』)

【助演男優賞】
★受賞★ ヒース・レジャー(『ダークナイト』)
ジョシュ・ブローリン(『ミルク』)
ロバート・ダウニー・ジュニア(『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』)
フィリップ・シーモア・ホフマン(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)
マイケル・シャノン(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)

【主演女優賞】
★受賞★ ケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』)
アン・ハサウェイ(『レイチェルの結婚』)
アンジェリーナ・ジョリー(『チェンジリング』)
メリッサ・レオ(『フローズン・リヴァー』原題)
メリル・ストリープ(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)

【助演女優賞】
★受賞★ ペネロペ・クルス(『それでも恋するバルセロナ』)
エイミー・アダムス(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)
ヴィオラ・デイヴィス(『ダウト〜あるカトリック学校で〜』)
タラジ・P・ヘンソン(『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』)
マリサ・トメイ(『ザ・レスラー』)


【関連記事】
[動画] 『スラムドッグ$ミリオネア』 ダニー・ボイル監督記者会見/ゲスト:みのもんた
[動画] 『スラムドッグ$ミリオネア』 予告編
[作品紹介] 『スラムドッグ$ミリオネア』 2009年4月よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開

MOVIE Collection