ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

人気少女マンガ「僕等がいた」を生田斗真&吉高由里子共演で映画化! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 人気少女マンガ「僕等がいた」を生田斗真&吉高由里子共演で映画化!
(2011年 5月 3日)

人気少女マンガ「僕等がいた」を生田斗真&吉高由里子共演で映画化!

『人気少女マンガ「僕等がいた」を生田斗真&吉高由里子共演で映画化!』
原作より。矢野(左上)、七美(右上)、竹内(左下)、山本(右下)
(C) 2012小畑友紀・小学館/「僕等がいた」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  累計発行部数1000万部突破の人気少女マンガ「僕等がいた」を、生田斗真&吉高由里子のW主演で映画化すると、共同配給元の東宝とアスミック・エースが発表した。

光源氏役の生田斗真、次々登場のラブシーンに緊張!?
[動画]『婚前特急』公開記念舞台挨拶/吉高由里子ほか

同作は、北海道と東京を舞台に、高校で出会った男女の10年に渡る姿を描いたラブストーリー。天真爛漫に見えながらも、元恋人に裏切られ死別した過去を引きずる繊細な青年・矢野を生田が、そんな矢野に惹かれていく女性・七美を吉高が演じる。生田と吉高は初共演となる。

また、矢野の親友でありながらも七美に惹かれていく竹内を高岡蒼甫が、矢野の心の傷の真の理由を知る山本を本仮屋ユイカが演じる。監督は『ソラニン』の三木孝浩がつとめる。

今回のキャスティングについて生田は「こんなにカッコいい、それでいて、とても人間的な矢野というキャラクターを自分が演じさせてもらうことに恐縮していますが、精一杯、矢野という人物に息を吹き込みたいと思っています」とコメント。また「学生服を着るのはこれが最後になるかもしれないので(笑)、甘酸っぱいスクールライフを思い切り満喫したいと思います」とも。

一方、マンガが原作のラブストーリーは始めてという吉高は「今日に至るまで、たくさんの方が読んで、胸が高鳴ったり、焦がされたり、愛されてきた素敵なマンガだと思います。そして、これからも残る作品として、原作ファンの方を裏切らないように、恥ずかしくないように、気持ちを庇(かば)う照れをなくして尽力したいです」とコメントした。

映画『僕等がいた』は、5月から本格的に撮影がスタートし、原作の舞台である釧路でのロケも行われる。公開は2012年春の予定。

【関連記事】
ボケまくりの山田孝之に生田斗真が突っ込み
吉高由里子が加瀬亮に2年越しのリベンジ!
男優5人の唇を総なめした吉高由里子「人間の唇はいろんな種類がある」とニンマリ
[動画]『婚前特急』公開記念舞台挨拶/吉高由里子ほか
『僕等がいた』作品紹介
ニュース、動画、作品紹介、映画情報ならムビコレ!

MOVIE Collection