ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

X JAPANが手塚治虫の名作コミック「ブッダ」の映画版主題歌に決定! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> X JAPANが手塚治虫の名作コミック「ブッダ」の映画版主題歌に決定!
(2010年 12月 17日)

X JAPANが手塚治虫の名作コミック「ブッダ」の映画版主題歌に決定!

『X JAPANが手塚治虫の名作コミック「ブッダ」の映画版主題歌に決定!』
『手塚治虫のブッダ −赤い砂漠よ!美しく−』より
(C) 2011「手塚治虫のブッダ」製作委員会

他の画像はこちらから

『X JAPANが手塚治虫の名作コミック「ブッダ」の映画版主題歌に決定!』
X JAPAN

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  来年5月28日に劇場公開される『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の主題歌が、X JAPANの「Scarlet Love Song」に決定したことが発表された。

[動画]『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』特報

同作は、手塚治虫の最高傑作の1つで、発行部数2000万部を誇るベストセラーコミック「ブッダ」を初めて映像化した作品。ブッダの生涯を、手塚が独自のドラマで構築し、10年もの歳月を連載に費やして描き上げた作品で、全3部作での映画化が予定されている。

第1部となる本作は、後にブッダとなる男シッダールタの恋と戦いの青春物語が綴られている。監督は『聖闘士聖矢』シリーズや『ドラゴンボールZ』の森下孝三で、今回のX JAPANの主題歌起用について、「この世界観を音楽で表現できるのは世界に誇るX JAPANのYOSHIKIさんのほかにはいない」と考えてラブコール。その思いが届き完成した「Scarlet Love Song」について、「X JAPANが奏でる愛の歌として結実し、映画が語る世界を、より深淵に膨らませ、輝かせてくれるものになりました。特にYOSHIKIさんのピアノとToshIさんの歌唱がパワフルに絡み合い、とても素晴らしい音楽をあげていただきました」と大絶賛している。

一方のYOSHIKIは主題歌を引き受けた理由について「事前に『ブッダ』の原作を読ませていただき、とても興味深かったのでやらせていただくことにしました」とコメント。「X JAPANとしては、久しぶりのバラードを作ってみました」と語っている。

アニメ映画を生かす声優陣には、吉永小百合、堺雅人、観世清和、吉岡秀隆といった豪華な顔ぶれが並び、2011年5月28日より全国公開となる。

【関連記事】
『GOEMON』記者会見にYOSHIKIが出席。紀里谷監督に感化され、監督業にも意欲?
浦沢直樹の「PLUTO」をハリウッドのヒットメーカーが実写映画化!
『ATOM』声優の上戸彩。大役を喜びつつも、アトムの髪型はちょっと…
像も玉木さんも格好いい!山田孝之が『MW』舞台挨拶でべた褒め
『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』予作品紹介
映画情報が盛りだくさん、ムビコレ!

MOVIE Collection