ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演
(2010年 9月 18日)

安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演

『安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演』
涙を拭う安藤和津

他の画像はこちらから

『安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演』
安藤モモ子(左)と安藤和津(右)

他の画像はこちらから

『安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演』 『安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演』 『安藤和津、母の姿が映画と重なり涙! 娘・モモ子と『愛する人』トークショー出演』
安藤モモ子 仲の良い母娘ぶ… 写真左から、ラ…

[ムビコレNEWS]  新宿バルト9で現在開催中の第7回ラテンビート映画祭。この映画祭で9月17日に『愛する人』がプレミア上映され、ゲストとして安藤和津と安藤モモ子の母娘が登壇。トークショーを行った。

『愛する人』作品紹介

『愛する人』は、14歳のときに産んだ子をやむを得ず手放し、37年経った今、会ったことのない我が子に思いを寄せている母カレン(アネット・ベニング)と、母を知らずに育ち、37歳になったエリザベス(ナオミ・ワッツ)。互いを知らないまま生きてきた母と娘の姿を綴った希望と感動の物語だ。

映画の感想について聞かれた和津は、「深くて素晴らしい、愛についてものすごく考えさせてくれる映画。監督が男性だって聞いてものすごいビックリした。女として私が62年間経験してきたこと、感じたことが全部、この映画のなかに詰まっていました」と絶賛。

実は和津の母親も同じような体験をしたそうで、「私の母も私の兄を産んだ後、取られてしまい、45〜46年間会えなかったんです。ずっと息子がどこにいるかを気にしながら生きてきて、その母の思いを知ってるだけに、子どもに会えない思いが突き刺さっちゃって……」。そう話す和津の目は真っ赤で、こぼれ落ちそうな涙を拭いながら「母のことを重ね合わせながら見てしまったら、もう、泣けて泣けてどうしようもない映画でした」と語っていた。

また、モモ子もこの映画に魅了されたようで、「(上映前のトークショーなので)今日は映画の内容にはまったく触れたくないです。私はあまりに感動してしまったので、何の先入観もなしにお客さんにも見ていただきたい」と話していた。

その後、トークは家族の話に飛び火。父は俳優で映画監督の奥田瑛二、妹は女優として活躍する安藤サクラ。自身も『カケラ』で監督デビューを果たしたモモ子は自分の家族について、「ほかの家族のことはわからないんですが、濃いですね(笑)。みんな同じ(映画の)仕事をしているので、家のなかの方が、外にいるときよりも緊張感があります」と語った。

一方、和津は、これまで13歳の少年と同じだった夫の奥田が、還暦を迎えて突然、大人になったと告白。その理由を聞かれて「年を感じてくれたのでは」と話すモモ子は、還暦の日に奥田がすごくイライラしていたと証言。「何でそんなにイライラしてるの」って突っ込んだら、「俺は今日還暦になったんだよ」と答えたそうで、「その落ち込みを経て、ガラッと大人になりました」と父・奥田の変化について語っていた。

ラテンビート映画祭は新宿バルト9で9月23日まで開催。以降、京都、横浜でも開催される。『愛する人』は2011年正月第2弾、Bunkamura ル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開予定だ。

【関連記事】
安藤監督が満島ひかりのワキ毛を毎朝チェック!? 『カケラ』初日舞台挨拶
父・奥田瑛二を超えた!? 安藤モモ子が初監督作会見で映画愛を語った
安藤サクラも出演、『SR2』初日舞台挨拶で劇中女子ユニット「B-hack(ビハク)」が生ライブ!
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』ティーチイン。松田翔太、高良健吾、安藤サクラほか
奥田瑛二、安藤桃子、安藤サクラも特別ゲストとして来場。NYアジア映画祭で鬼才・園子温監督作品が審査員グランプリ受賞

MOVIE Collection