ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮!
(2020年 1月 11日)

飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮!

『飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮!』

他の画像はこちらから

『飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮!』

他の画像はこちらから

『飯豊まりえ、ホラー仕様のケーキに「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮!』

[ムビコレNEWS]  飯豊まりえが1月10日に新宿ピカデリーで行われた映画『シライサン』初日舞台挨拶に稲葉友、安達寛高監督と登壇。飯豊と稲葉は共に1月が誕生日で、サプライズでバースデーケーキが登場すると、飯豊は「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮気味に語った。

『シライサン』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、“その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという新たな怨霊の恐怖を描いたホラー映画。飯豊が、親友の突然死をきっかけに、シライサンの呪いに巻き込まれていく主人公の端紀役。稲葉が、端紀と共にシライサンの呪いの謎に迫る春男役に扮し、異才の小説家・乙一として知られる安達監督がメガホンをとる。

冷静な役を演じた稲葉は、撮影現場での飯豊について「とびきり怖がってくれていたんです。お芝居以外のところでも。なので、自然と冷静になれました。僕は怖がっている暇がなかったので」とコメント。

これに飯豊は「ちょっと(自分に)暗示をかけちゃいましたね。何が起きてもシライサンが近くに来ちゃったんじゃないかと思うくらい」と怖がっていた理由を説明。「セリフを噛んでも、今のもシライサン」とシチュエーションの1つを紹介するも、稲葉からは「それはシライサンの責任じゃない。まりえさんの責任です」と突っ込まれていた。

そんな2人の現場での様子について、安達監督は「撮影していないときは、アットホームに和気あいあいとおしゃべりしていて、ホームドラマを撮っているんじゃないかと思った」と述懐。「でも、撮影が始まると、こわばった表情になって、ちゃんとホラーの画面になる。プロはすごいなと思いました」と絶賛。

また、この日は、1月5日に22歳の誕生日を迎えた飯豊と、1月12日に27歳の誕生日を迎える稲葉をサプライズで祝福するため、バースデーケーキが登場。クッキーで作られた大きな目やラズベリーで滴らせた血といったシライサンをモチーフにしたそのビジュアルに、飯豊は「こんな怖いケーキ、初めて見た」と興奮気味。

だが、MCから「このケーキ、まだ未完成なんです」と言われると、稲葉は「えっ、何があるの? ちょっと待って! 来るぞ」とビビり始め、飯豊もおののき始める。実は2人とも、シライサンが舞台袖からゆっくり歩いてくるのかと思っていたようで、未完成の理由が、だるまの目入れならぬ、シライサンさんの目入れをすることだと伝えられると、「よかった」と安堵の表情を浮かべていた。






MOVIE Collection