ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

2019年邦画ランキング1位は『天気の子』、『翔んで埼玉』も健闘! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【映画興収レポート】2019年邦画ランキング1位は『天気の子』、『翔んで埼玉』も健闘!
(2019年 12月 25日)

【映画興収レポート】2019年邦画ランキング1位は『天気の子』、『翔んで埼玉』も健闘!

『2019年邦画ランキング1位は『天気の子』、『翔んで埼玉』も健闘!』
『天気の子』
(C)2019「天気の子」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  2019年、邦画の年間興行成績をまとめた。

邦画の興行ランキング1位は新海誠監督の『天気の子』(140億円)。前作『君の名は。』の250億円には届かなかったが、“新海ブランド”が定着したと言っていいだろう。『君の名は。』は約4万人への試写の見せ込みによる口コミで評判を広げた。一方『天気の子』は作品の完成度を上げるため公開間際まで製作が行われ、試写会を実施しなかった。東宝史上初の試みとして、公開初日の7月19日(金)午前9時に上映全劇場359館にて初回一斉上映を実施。観客の期待感をあおり、スタートダッシュに成功した。公開後には新海監督のインタビューが数多くのメディアで取り上げられ、公開中も宣伝を継続してロングランヒットとなった。

胸アツの『ボヘミアン・ラプソディ』が2019年洋画ランキングNo.1に!

2位は『名探偵コナン 紺青の拳』。興収93億円をあげ、7年連続でシリーズ最高記録を更新した。昨年同様、4D版を上映。興収を上積みして前作の92億円を何とか超えた。通常、ファミリー向けアニメは大人になると卒業するが、『コナン』は卒業しない大人世代が人気を支えている。今回は人気キャラクターの怪盗キッドが登場、高校生空手家・京極真が劇場版に初出演、シリーズ初となる海外のシンガポールが舞台という話題性で大人客を引き付けた。

邦画アニメでは『コナン』のほか、『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』(55億円)、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(50億円)、『ドラゴンボール超 ブロリー』(39億円)と人気シリーズが安定したヒットとなった。

邦画実写最大のヒットが3位『キングダム』(57億円)。紀元前の中国が舞台のため、中国で20日間のロケを敢行。王宮を再現した広大なオープンセットを利用したり、大平原を数多くの騎馬隊が駆け抜けるシーンなどを撮影。日本映画としては破格の製作費をかけ、壮大なスケール感を生み出した。

邦画実写で予想外の大ヒットとなったのが8位『翔んで埼玉』(37億円)。宣伝では、武内英樹監督や二階堂ふみらが埼玉県庁を表敬訪問し、「埼玉をディスる映画を作り、申し訳ありません」と謝罪して話題作り。地方自治体の自虐PRの手法を生かして「何もないけどいい所!」のコピーを考案。宣伝が頑張り、ヒットに結びつけた。

同じく8位『記憶にございません!』は三谷幸喜監督新作。前作『ギャラクシー街道』(15年)は興収13.2億円で三谷人気に陰りが見えたものの、新作で再び巻き返した。(文:相良智弘/フリーライター)

[2019年 邦画ランキング]
1位『天気の子』140億円(以下、通貨単位は同様)
2位『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』93億
3位『キングダム』57億
4位『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』55億
5位『映画ドラえもん のび太の月面探査記』 50億
6位『マスカレード・ホテル』46億
7位『ドラゴンボール超 ブロリー』39億
8位『翔んで埼玉』37億
 『記憶にございません!』37億
10位『コンフィデンスマンJP』30億
(ムビコレ調べ。18年11月から19年11月15日までに公開された作品が対象)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。



MOVIE Collection