ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【映画作りの舞台裏】「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化!
(2019年 8月 29日)

【映画作りの舞台裏】「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化!

『「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化!』
「性の劇薬」より

他の画像はこちらから

『「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化!』
製作陣の覚悟を問うた城定秀夫監督

他の画像はこちらから

『「なんだこれは!?」と大反響の超過激BLコミックを実写映画化!』
大胆すぎる挑戦…

[ムビコレNEWS] 
…前編「『誰もしていない新しいことをやろう!』業界をザワつかせた大胆すぎる挑戦とは?」より続く

気鋭監督から迫られた“覚悟”
【映画作りの舞台裏】『性の劇薬』石黒健太Pに聞く/中編

“実写映画化される!”というだけで業界を騒然とさせた、過激なBLコミック「性の劇薬」が実写映画化される。映画製作をつとめる、フューチャーコミックス代表取締役、石黒健太氏に話を聞いた。

ボーイズがラブするBLがこんなに市民権を獲得!

「いま、BLの大きな波が来ていると感じてます」と石黒氏はいう。「BLという言葉自体、広く浸透したと思いますし、書店でも広い販売面積で展開されるようになりました。映像化も増えて、アニメでは、ライトな作品も、エロ描写がある作品も出てきました。実写では『おっさんずラブ』や『きのう何食べた?』がヒットして、この2作品は(厳密には)BL作品ではありませんが、これらをきっかけに、もしかしたら今までBLに興味のなかった人にも届くのでは、と感慨深いものがありました。そんな流れのなかで、うちが実写映像化するなら、まだ誰も見たことのない、挑戦的で過激な作品しかない、と」

そこで「性の劇薬」の映画化が浮上したというわけだ。過激なBLコミックとは言っても本作は過激すぎる印象も強く、他の候補作もあったのか聞いたところ、「真っ先に『性の劇薬』が思い浮かびました」と返ってきた。

「電子コミックとして連載が開始する当初、1話目の原稿とあの真っ赤な表紙を見た時、私自身、衝撃を受け、これは間違いなくインパクトを与えるだろうと確信しました。実際に電子配信が開始されると、『なんだこれは!?』と大きな反響がありました。そして、内容の過激さはもちろんですが、“性”と“生”をテーマにした人間ドラマとしても強度のある作品なので、映画化するならこの作品しかない、実現させるにはR18+で表現するしかない!と思ったんです」

この、挑戦的とも言える実写映画版『性の劇薬』のメガホンを取るのは気鋭監督の城定秀夫だ。

彼の名前は真っ先に候補に上がったという。壇蜜主演でヒットしたR18+映画『私の奴隷になりなさい』シリーズでの、艶かしさと心情描写を見事に両立させた演出力に惚れ込んでの起用だった。人気マンガを実写映画化した『タナトス』では、ボクシングを通した男同士の熱い絆を描いた城定監督だが、男同士の濡れ場を描くのはほぼ初めて。だが実は、監督の奥様がBLの同人誌作家であるという繋がりもあって、いつかBL作品を撮ってみたいという気持ちが元々あったのだという。

しかしそんな城定監督からも、当初は原作の過激さを懸念して、ある提案があったという。過激な描写を抑えて、もっと広く受け入れられるライトな作品にしてはどうか?というものだ。テレビなどでの二次使用や観客の敷居の高さを考えるとソフト路線の作品の方が扱いやすく、宣伝露出やキャスティングのハードルも低いからだ。

だが、「“ボーイズファン”作品の映像化第一弾として、これまでにはない実写映画を作りたい」という石黒氏の意志は固く、城定監督も「ならば振り切ってやる必要がある。覚悟があるのなら、その心意気に乗りましょう」と快諾したという(後編に続く…)。

後編「一切の撮影NGなし! 熱演に興奮隠しきれず〜」に続く…

[『性の劇薬』作品情報]
公式ツイッター @seino_gekiyaku
公式サイト https://seino-gekiyaku.com
2020年、公開予定



MOVIE Collection