ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

8月公開作No.1は『ライオン・キング』、IMAXや4DXが興収を後押し! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【映画興収レポート】8月公開作No.1は『ライオン・キング』、IMAXや4DXが興収を後押し!
(2019年 8月 28日)

【映画興収レポート】8月公開作No.1は『ライオン・キング』、IMAXや4DXが興収を後押し!

『8月公開作No.1は『ライオン・キング』、IMAXや4DXが興収を後押し!』
『ライオン・キング』
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  8月公開作1位は『ライオン・キング』。『アラジン』と同じく、声優がセリフだけでなく劇中歌も歌うプレミアム吹き替え版を製作。主人公シンバを賀来賢人、ヒロインのナラを門山葉子、シンバのおじさんで悪役スカーを江口洋介、プンバァを佐藤二朗、ティモンをお笑いコンビ「ミキ」の亜生が担当している。

7月公開作ランキング、1位から3位をアニメが独占! 歴代1位の記録も

7月下旬にはジョン・ファブロー監督が来日。日本語吹き替え版の声優らとイベントに出席した。公開前日にはプレミアム吹き替え版上映会が行われ、賀来と門山がエルトン・ジョンによる劇中の代表曲『愛を感じて』を生披露した。字幕版と吹替版の両方を鑑賞する観客や、IMAXシアターや4DXの観客が増えていることが興収増につながった。

2位は『ONE PIECE STAMPEDE』。テレビアニメ化20周年記念作で、今まで登場したキャラクターたちが数多く集まる“オールスター映画”ともいえる。宣伝にあたってはゲスト声優のユースケ・サンタマリア、指原莉乃、「南海キャンディーズ」の山里亮太がフル稼働。

7月9日には3人がマスコミ向けに公開アフレコ、8月1日には大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催された完成記念イベント「海賊オールスター万博」に出席。公開翌日の8月10日の公開記念舞台挨拶にはユースケと指原が出席した。同じ8月10日にフジテレビ系で前作『ONE PIECE FILM GOLD』を放送。さらに入場者プレゼントとして300万人に「『ONE PIECE』コミック –巻壱萬八拾九(バンパク)-」を配布したことなどが動員増に貢献した。

原作者の尾田栄一郎が映画の製作総指揮を担当してからシリーズは安定した人気を誇る。09年『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(48億円)、12年『ONE PIECE FILM Z』(68.7億円)、16年『ONE PIECE FILM GOLD』(51.8億円)。本作は公開17日間で41.3億円。同じ夏に公開された前作と比べて33%増で推移している。

3位『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は公開後24日間で興収27.2億円をあげた。アメリカでは興収1億4800万ドルでシリーズ6番目の成績と興収が伸び悩んでいるが、日本では3番目と好調だ。

なお夏映画は、先行して7月に公開された『天気の子』が107.3億円、『トイ・ストーリー4』が93.3億円(いずれも8月25日時点)を記録。興行成績トップ2となっている。(文:相良智弘/フリーライター)

[8月公開作ランキング]
1位『ライオン・キング』46.3億円
2位『ONE PIECE STAMPEDE』41.3億円
3位『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』27.2億円
(8月25日時点。ムビコレ調べ)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。



MOVIE Collection