ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ロシアで800万人が熱狂した胸アツ戦車アクション映画、予告編解禁! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ロシアで800万人が熱狂した胸アツ戦車アクション映画、予告編解禁!
(2019年 8月 15日)

ロシアで800万人が熱狂した胸アツ戦車アクション映画、予告編解禁!

『ロシアで800万人が熱狂した胸アツ戦車アクション映画、予告編解禁!』
『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ビジュアル
(C) Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  ソ連軍の最強戦車T-34が、たった1車両でナチス軍の戦車隊に挑む超絶アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』。ロシア映画史上最高のオープニング成績を記録し、最終興行収入40億円超、800万人動員という驚異的な数字を叩き出したこのロシア映画の予告編とビジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』予告編

第2次大戦下、ソ連軍の新米士官イヴシュキン(アレクサンドル・ペトロフ)は初めて出撃した前線で、わずか戦車1両ながらもナチスドイツ軍の戦車隊に奇襲をしかけ善戦。だが、一歩及ばず、戦いに敗れると、そのままナチス軍の捕虜となってしまう。それから数年、強制収容所で幾多の拷問を受けても何ひとつ喋らなかったイヴシュキンに、ナチス軍のイェーガー大佐(ヴィンツェンツ・キーファー)から、ある命令が言い渡される。

それは、収容所で行われるナチス軍戦車隊の強化演習のため、捕獲されたばかりのソ連軍の最強戦車T-34を指揮することだった。ただし、ナチスの戦車隊が砲弾を使用するのに対し、T-34は砲弾使用が許されず、ひたすら逃げ惑うことしかできない。そうした中、イヴシュキンは、同じく捕虜になった仲間たちと隊を組み、わずかな準備期間でT-34を整備し、命令通り、演習に臨むことを決意する。

解禁となった予告編は、いきなり数車両で隊列を組むナチス戦車軍と、孤軍奮闘するソ連軍戦車との壮絶バトルから幕を開ける。互いの砲弾がギリギリの距離で交差する映像や、重厚感のある戦車が急発進するシーンなどキラーショットの連続だ。そして、1発の砲弾で戦車2車両を射抜く神業も炸裂!

続いて流れるのは「第2次世界大戦下、ナチスドイツ軍の捕虜となっていたソ連軍士官イヴシュキン」というナレーションと、「ナチスの司令官イェーガー」というナレーション。さらにイェーガーがイヴシュキンに、「捕虜の中から戦車兵を組織しろ。T-34に乗り我が軍と対決するのだ」と命令を下すシーンも。それはソ連軍の戦車T-34にとっても、それに乗り込むイヴシュキンたち捕虜にとっても、死が待ち受けるのみの軍事演習に過ぎなかった。だが、イヴシュキンはこの状況を逆手にとって脱走を試みる。はたして彼らの運命は?

戦車が繰り広げる片輪走行やドリフト、弾が炸裂する超絶映像を手がけたのは『バーフバリ 王の凱旋』のVFXチーム。また、登場するソ連軍のT-34はすべて本物の車両を使用し、役者自らが操縦しているという。

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。






MOVIE Collection