ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」
(2018年 12月 5日)

趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」

『趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」』
趣里

他の画像はこちらから

『趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」』
趣里と関根光才監督

他の画像はこちらから

『趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」』 『趣里、主演作への共感の声を受け「頑張って生きていてよかった」』
趣里と関根光才… 関根光才監督

[ムビコレNEWS]  映画『生きてるだけで、愛。』のティーチインイベントが12月4日に新宿ピカデリーで行われ、主演の趣里と関根光才監督が登壇した。

[動画]『生きてるだけで、愛。』予告編

本作は、芥川賞作家・本谷有希子の同名傑作小説が原作。11月9日の公開から1ヵ月近く経過しているにも関わらず、SNSを中心に日々称賛コメントが寄せられている。特に、愛することにも愛されることにも不器用な主人公・寧子のキャラクターと、その役を演じた趣里への共感の声が多く、そのことについて趣里は「寧子に共感したというメッセージもいただいて、すごく勇気をもらって感謝の気持ちでいっぱいです。素敵な言葉をいただくと、頑張って生きていてよかったなと思います!」と笑顔を見せた。

また趣里は、本作での演技が新たな出発地点になったそうで、「日々生活していると生きづらいこともあるけど、そんな時に映画や舞台やエンターテインメントに触れて、ワクワクするような気持ちになれることがありました。自分もそうやって誰かに寄り添いたいという気持ちがあって、お芝居を頑張ろうと決心したんですが、今回、それに立ち返られるような作品に出会えた。関根監督に内面をさらけ出すこともできて、ここからが新たなスタートだと思いました」と語った。

その後、観客からの質疑応答が行われ、映画の印象的なコピー「ほんの一瞬でも、分かり合えたら。』にかけ、「寧子と(菅田将暉演じる)津奈木が『ほんの一瞬でも、分かり合えた』としたら、それはどこだと思う?」という質問が。

これに趣里は、菅田との共演シーンを振り返りながら「それまではすれ違いのシーンが続いたけど、後半の屋上のシーンで、やっと津奈木と正面で向かい合って目を見た」と話し、その瞬間が印象深かったと吐露。関根監督も「屋上で2人がタブーを犯してでも本音をさらけ出す、特に津奈木が自分の話をするところは、2人にとって大きかったんじゃないかと思う。言語化できないものを体で表現することも大切にしたけど、やっぱり言葉にしないとわからないこともありますよね」と、屋上のシーンへの思い入れとともに、ほんの一瞬でも、分かり合うことの尊さを話していた。






MOVIE Collection