ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!
(2018年 10月 3日)

芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!

『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』
芦田愛菜

他の画像はこちらから

『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』
芦田愛菜とピエール・ボハナ

他の画像はこちらから

『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』
芦田愛菜 ピエール・ボハ… ピエール・ボハ…
『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』
芦田愛菜 ピエール・ボハ… 芦田愛菜
『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』 『芦田愛菜、自分専用の魔法の杖をプレゼントされ大はしゃぎ!』
芦田愛菜 芦田愛菜 芦田愛菜とピエ…

[ムビコレNEWS]  芦田愛菜が、10月2日に新宿バルト9で行われた映画 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』応援上映&スペシャルイベントwithピエール・ボハナに登壇。『ハリー・ポッター』全作品をはじめ、『ゼロ・グラビティ』や『ダーク・ナイト』などの小道具を担当した造形美術監督ピエール・ボハナも登場した。

芦田愛菜、応援イベントその他の写真

本作は、世界中で約900億円の興行収入を叩き出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編。主人公・ニュートを引き続きエディ・レッドメインがつとめ、『ハリポタ』でもおなじみのダンブルドアをジュード・ロウ。そして最強の敵である黒い魔法使い・グリンデルバルドをジョニー・デップが演じている。

オフィシャルアンバサダーに就任した芦田愛菜は、『ハリポタ』、『ファンタビ』の大ファンを公言しており、、『ハリー・ポッター』シリーズに登場する寮であるスリザリンを彷彿とさせる、緑のセーター姿で登場。劇場の大スクリーンに予告編が流れると、「(大蛇に姿を変える)ナギニが出てきたり、若いダンブルドアを見ることができたり、とっても気になります!」と、目を輝かせていた。

壇上には、実際に劇中で使われたものを含んだ、数々の小道具も登場。こうした小道具についてボハナは「脚本に書いてあるものや、J.K.ローリングが出したアイデア、それに監督のデヴィッド・イェーツ、プロデューサーなど、さまざまな人たちからアイデアが寄せられて、それをまとめて話し合いながら形にしていくんです」とその創作過程について話していた。

イベントの終盤では、ボハナから芦田にサプライズプレゼントが贈られた。そこには彼女をイメージして作った魔法の杖が。これには芦田も大興奮。「嬉しすぎて何を言っていいのかわからないです」と、まるで子どものように大はしゃぎしていた。「小学生の時に周りにハリー・ポッターの魔法の杖を持っている子がいて、とてもうらやましかったんですが、自分専用の杖がもらえるなんて。本当にありがとうごうざいます!」と、感極まった様子。さらに、ボハナから杖の持ち方や正しい姿勢を教えてもらい「ルーモス!」と、明かりを灯す呪文を唱えると、会場中から拍手が巻き起こり、大きな熱気に包まれながらイベントは幕を閉じた。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日から全国公開となる。






MOVIE Collection