ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『この世界の片隅に』30分のシーンを追加した別バージョンの公開発表! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『この世界の片隅に』30分のシーンを追加した別バージョンの公開発表!
(2018年 7月 26日)

『この世界の片隅に』30分のシーンを追加した別バージョンの公開発表!

『『この世界の片隅に』30分のシーンを追加した別バージョンの公開発表!』
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ティザービジュアル
(C) 2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  2016年11月12日の公開以来、1日も途絶えることなく劇場上映が続いている『この世界の片隅に』。これまでに200万人を超える観客を動員してきたこのアニメーション映画に、新たに約30分の新規シーンを追加した別バージョンが、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』として12月より公開されることになり、その特報とティザービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報

新タイトル『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、片渕須直監督による案を、原作者のこうの史代さんが快諾したもの。片渕監督は、原作にはまだまだ魅力的なエピソードがあり、それを描き足すことによって主人公のすずさんだけではない「さらにいくつもの人生」を描き出したいと考え、本作の制作に至ったそうで、本バージョンが制作できるのも、現行版『この世界の片隅に』を支えてくれた人々のおかげであると感謝し続けている。

追加となったシーンの画コンテは、通常のアニメ作品同様、企画当初から存在していたもの。本バージョンでは、それらを見直しながら復活させ、さらに新たなカットも加えている。これまでの現行版とは、一部主題も変わってくるため、別の題名をつけた「もう1本の映画」として制作することになった。

本作では、主人公すずと、すずが嫁ぎ先の町で初めて出会う同世代の女性リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソード、さらに妹すみを案じて過ごす中で迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されている。新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描かれ、彼女たちの心の奥底で揺れ動く複雑な思いが描き出されることで、より大人な印象のすずさんになっている。

また、同時解禁となった特報は、冒頭、コトリンゴが歌う「悲しくてやりきれない」の歌に乗せ、指につけた紅によってリンさんの横顔が描かれていく。さらに「リンさんをさがして。そう、うちの声が言うのが聞こえた…」というすずさんの声が新たに収録されており、より深い物語を予感させる作りとなっている。

なお、同映画では公式ツイートで、現在放送中の実写ドラマ版について下記のようにツイートしたことが報じられ、話題となっている。

現在放送中の漫画『この世界の片隅に』を原作とする実写ドラマに「special thanks to 映画『この世界の片隅に』製作委員会」と表記されておりますが、当委員会は当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません。
2018年7月24日「この世界の片隅に」製作委員会






MOVIE Collection