ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表
(2018年 1月 24日)

ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表

『ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表』
最多13部門ノミネート『シェイプ・オブ・ウォーター』ポスタービジュアル(3月1日公開)
(C) 2017 Twentieth Century Fox

他の画像はこちらから

『ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表』
6部門ノミネート『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(3月30日公開)
(C) 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

『ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表』 『ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表』 『ギレルモ・デル・トロ監督最新作が最多13部門でノミネート!アカデミー賞候補作発表』
『ウィンストン… 6部門7ノミネ… 5部門ノミネー…

[ムビコレNEWS]  3月4日(現地時間)に開催される第90回アカデミー賞のノミネーションが1月22日に発表となり、前哨戦の各映画賞で圧倒的な強さを見せているギレルモ・デル・トロ監督作『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補に選出された。

昨年の第89回アカデミー賞ノミネーションはこちら!

次いで8部門で候補になったのは『ダンケルク』。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は6部門でノミネートされ、チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当した日本人アーティストの辻一弘がメイクアップ&ヘアスタイリング部門で候補になった。

1月21日(現地時間)に発表された全米映画俳優組合賞(以下、SAG賞)でアンサンブル演技賞、主演女優賞、助演男優賞を受賞した『スリー・ビルボード』は主演女優賞のフランシス・マクドーマンド、助演男優賞にWノミネートされたウディ・ハレルソン、サム・ロックウェルをはじめ6部門7ノミネートに。

注目は『ゲット・アウト』が作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞の4部門で候補になったこと。また、同じく作品賞候補の『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグは初監督作で監督賞候補になり、オリジナル脚本賞、主演女優賞、助演女優賞のあわせて5部門でノミネートされている。もし監督賞を受賞すれば、『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグローに次ぐ快挙となる。撮影賞では『マッドバウンド 哀しき友情』のレイチェル・モリソンが候補になったが、同部門において彼女は初の女性候補だ。

昨年1月のトランプ大統領就任、10月にハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ行為の告発を機に始まった「Me Too」「Time’s UP」のムーブメントを意識したノミネーションと言えそうだ。

授賞式は3月4日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。
主要部門候補は以下の通り

●作品賞
『君の名前で僕を呼んで』
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『ゲット・アウト』
『レディ・バード』
『ファントム・スレッド』
『ペンタゴン・ペーパー/最高機密文書』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』

●主演男優賞
ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)
ダニエル・デイ=ルイス(『ファントム・スレッド』)
ダニエル・カルーヤ(『ゲット・アウト』)
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)
デンゼル・ワシントン(『Roman J. Israel, Esq.(原題)』)

●主演女優賞
サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』)
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)
マーゴット・ロビー(『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』)
シアーシャ・ローナン(『レディ・バード』)
メリル・ストリープ(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

●助演男優賞
ウィレム・デフォー(『The Florida Project(原題)』)
ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)
リチャード・ジェンキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』)
クリストファー・プラマー(『All the Money in the World(原題)』)
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)

●助演女優賞
メアリー・J.ブライジ(『マッドバウンド 哀しき友情』)
アリソン・ジャネイ(『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』)
レスリー・マンヴィル(『ファントム・スレッド』)
ローリー・メトカーフ(『レディ・バード』)
オクタヴィア・スペンサー(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

●監督賞
クリストファー・ノーラン(『ダンケルク』)
ジョーダン・ピール(『ゲット・アウト』)
グレタ・ガーウィグ(『レディ・バード』)
ポール・トーマス・アンダーソン(『ファントム・スレッド』)
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

●オリジナル脚本賞
『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ
『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール
『レディ・バード』グレタ・ガーウィグ
『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー
『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー

●脚色賞
『君の名前で僕を呼んで』ジェームズ・アイヴォリー
『The Disaster Artist(原題)』スコット・ニュースタドター、マイケル・H・ウェバー
『ローガン』スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン
『モリーズ・ゲーム』アーロン・ソーキン
『マッドバウンド 哀しき友情』バージル・ウィリアムズ、ディー・リース

●撮影賞
『ブレードランナー 2049』ロジャー・ディーキンス
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ブリュノ・デルボネル
『ダンケルク』ホイテ・ヴァン・ホイテマ
『マッドバウンド 哀しき友情』レイチェル・モリソン
『シェイプ・オブ・ウォーター』ダン・ラウス

●作曲賞
『ダンケルク』ハンス・ジマー
『ファントム・スレッド』ジョニー・グリーンウッド
『シェイプ・オブ・ウォーター』アレクサンドル・デスプラ
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ジョン・ウィリアムズ
『スリー・ビルボード』カーター・バーウェル

●主題歌賞
「Mighty River」(『マッド・バウンド 哀しき友情』)
「Mystery of Love」(『君の名前で僕を呼んで』)
「Remember Me」(『リメンバー・ミー』)
「Stand Up for Something」(『Marshall(原題)』)
「This Is Me」(『グレイテスト・ショーマン』)

●長編アニメーション映画賞
『ボス・ベイビー』
『The Breadwinner(原題)』
『リメンバー・ミー』
『Ferdinand(原題)』
『ゴッホ 最期の手紙』

●外国語映画賞
『ナチュラル・ウーマン』(チリ)
『The Insult(原題)』(レバノン)
『心と体と(原題)』(ハンガリー)
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン)
『ラブレス』(ロシア)






MOVIE Collection