ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」
(2017年 10月 21日)

高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」

『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』
高橋一生

他の画像はこちらから

『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』
左から円谷優希、高橋一生、桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、二宮健監督

他の画像はこちらから

『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』
桜井ユキ 桜井ユキ 高橋一生
『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』
高橋一生 満島真之介 満島真之介
『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』 『高橋一生、初日舞台挨拶で「こんなに嬉しいと思ったことは今までなかった」』
阿部純子 佐々木一平 二宮健監督

[ムビコレNEWS]  俳優の高橋一生が10月21日、新宿武蔵野館で行われた映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』初日舞台挨拶に、桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、二宮健監督、劇中バニーガールをつとめたジャスミン、円谷優希とともに登壇した。

『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015で審査員特別賞を受賞した映画『眠れる美女の限界』をセルフリメイク。女優を目指して上京した29歳の女性が、サーカス団のマジシャンの助手をしているうちに、催眠術にかかり夢と妄想の境界が破綻していく姿を描いた衝撃作。

この日は、劇中「ときめきチャーリー」としてMCをつとめた満島が、作品と同様の衣装で登場し、ハイテンションでキャストや監督たちにトークを展開。高橋に対しては「今、人気者ですよね」と絡むと「あなたをデートに誘えるのはいつ?」と誘惑。すると高橋も「秋の予定は3年先まで詰まっていると聞いているけれど、僕は今日でもいくよ」と熱い視線を送る。

そんな高橋にとって、本作は思い入れの強い作品のようで「1年半前に撮影した作品が、こういう形で上映できる機会をいただけました」と笑顔をみせると「こういう劇場のサイズで、みなさんに近い状態で映画を見ていただける。こんなに嬉しいと思ったことは今までなかったかもしれません」と語っていた。

主演をつとめた桜井は「主演という立場で立たせていただいていますが、スタッフ、キャストのみなさんで一緒に作り上げた作品。とにかく脚本が素晴らしく、撮影中は常に(桜井が演じた)オリアアキでいられました」と感無量な表情をみせると、オーディションでマリア役を勝ち取った阿部は「私の中では、新しいことに挑戦できた実験的な作品。二宮監督がいつも楽しそうに現場にいるのが素晴らしいなと思いました」と撮影を振り返っていた。

作品にちなんで妄想していることを聞かれた高橋は「二宮監督とまた映画をご一緒できることを妄想しています」とラブコールを送ると、二宮監督は「僕の仕事は妄想するようなものなのですが、1時間半もみなさんに妄想をお見せしてしまいました。これからもみなさんの期待にこたえられるような妄想を届けたいです」と語り口は静かながらも熱い思いを語っていた。
(text&photo:磯部正和)






MOVIE Collection