ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

森川葵、北村匠海、佐藤寛太らが登壇!『恋と嘘』初日舞台挨拶 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 森川葵、北村匠海、佐藤寛太らが登壇!『恋と嘘』初日舞台挨拶
(2017年 10月 16日)

森川葵、北村匠海、佐藤寛太らが登壇!『恋と嘘』初日舞台挨拶

『森川葵、北村匠海、佐藤寛太らが登壇!『恋と嘘』初日舞台挨拶』
前列左より北村匠海、森川葵、佐藤寛太。後列左より阪本奨悟、浅川梨奈、田辺桃子、古澤健監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  映画『恋と嘘』の初日舞台挨拶が10月14日にTOHOシネマズ 新宿で行われ、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督が登壇した。

[動画]森川葵と佐藤寛太が北村匠海の二面性を暴露!『恋と嘘』インタビュー

本作は、「超・少子化対策法」が施行され、国が国民の遺伝子情報をもとに最良の結婚相手を決め、それに基づき「政府通知」が送られてくるようになった少し先の未来が舞台。女子高生の仁坂葵(森川葵)が、政府が決めた最高の結婚相手・高千穂蒼佑(佐藤寛太)か、近くにいる最高の相手・司馬優翔(北村匠海)か、究極の選択を迫られるという青春ラブストーリーだ。

撮影現場の様子について聞かれた森川は「寛太くんが『水族館のシーンが好き』って言ってたのに、その撮影の日を把握してなかったこと。ビックリしました(笑)」と暴露。これに北村も「それはイカン(笑)」と突っ込み、佐藤はタジタジに。

続けて北村は「司馬と高千穂がぶつかるシーンでは、こんなおちゃらけた感じの寛太くんと真面目に立ち位置など細かいところまで話し合ったことは思い出深いです」と撮影裏話を披露。一方、佐藤は「高千穂が葵のもとに現れる前に、一緒にいた葵と司馬のシーンが好きです」と明かすも、そのシーンでは5時間待機してセリフがたったひと言だったようで、北村も「ブルブル震えてたね(笑)」と当時を振り返った。

葵と司馬のクラスメイト・秋帆役を演じる田辺は「印象深いのが、浅川が婚約指輪を葵さんに見せるシーンなんですけど、左手自体がキラキラしてて」と羨ましそうな表情を見せると、浅川は「初めて左手の薬指に指輪をはめたので、ずっとニヤニヤして、役同様に自慢してました(笑)」とコメント。

また、実際に政府通知があったら「あり?」「なし?」との質問に、森川、北村、佐藤、浅川は「あり」と回答。森川は「知れば知るほど(政府通知は)いいなと思います。16歳で結婚相手を知らされるのは早いなとも思うんですけど、世の中をあまり知らない年齢だからこそすんなり受け入れられると思う」と力説。浅川も「自分の好きな人が政府通知の相手だっていう可能性もあるし、芸能人と結婚できたりするかもしれないわけですよね。夢があるなって。私は政府通知がないと結婚できる気がしないです(笑)」と答えた。

北村も「僕も素敵な制度だなと思います。誰しもに同等の幸せになる権利を与えてくれるので」と話し、佐藤は「提示してくれるのであれば、1回会ってみたいなっていう好奇心があります」と、それぞれ賛成の理由を明かす。

これに対し「なし」派の田辺は「教えてくれるのは楽だと思うんですけど、後悔しない道を選びたいので自分で出会いたいです」と理由を説明。同じく「なし」派の阪本も「後々、うまくいかなったときに政府通知のせいにしたくないので、自分の気持ちに正直にいた方が納得いくんじゃないかなと思います」と反対意見を述べていた。






MOVIE Collection