ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ガン闘病中デニス・ホッパーが映画の殿堂入り。旧友ジャック・ニコルソンも祝福! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ガン闘病中デニス・ホッパーが映画の殿堂入り。旧友ジャック・ニコルソンも祝福!
(2010年 3月 29日)

ガン闘病中デニス・ホッパーが映画の殿堂入り。旧友ジャック・ニコルソンも祝福!

『ガン闘病中デニス・ホッパーが映画の殿堂入り。旧友ジャック・ニコルソンも祝福!』
デニス・ホッパー/2008年のシネヴェガス映画祭出席時の様子

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  末期の前立腺ガンで闘病中のデニス・ホッパーが、ハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェイム」に自らの名前の入った星型プレートを授与されることになり、26日に行われた授与式に出席した。

ホッパーは前立腺ガン発覚後から転移が進み、担当医から今後回復の見込みはなく、余命わずかと診断を受けている。現在5人目の妻のヴィクトリア・ダフィと離婚訴訟中だが、数日前はドクターストップがかかり、出廷を見送った。ただ、今回の授与式に限っては、ポジティブな経験は患者本人にも良い結果をもたらすとの判断で、出席にゴーサインが出た。

星型プレートを設置したハリウッドのエジプシアンシアターの前には、1969年のホッパー監督・出演作『イージー・ライダー』で共演したジャック・ニコルソンをはじめ、ヴィゴ・モーテンセン、デイヴィッド・リンチ、ドワイト・ヨーカムら友人が駆けつけた。過去の結婚でもうけた子どもたちや孫にも囲まれ、闘病で体重が45キロを切ったやせ細った弱々しい姿ながらも、ホッパーは終始うれしそうな笑顔を絶やさなかった。

ホッパーはスピーチで、「私は全てをハリウッドから学びました。ここは私のホームであり、学校でもあった。皆さんを愛しています。ただ、ありがとうと言いたい。皆さん、本当にありがとう」と何度も何度も、心からの感謝の意を述べた。また、式典の最中に通りかかった観光バスからは、スピーカー越しにツアーガイドが「We love you Dennis」とエールを送る微笑ましい一幕もあった。

ちなみに帽子を被ったホッパーの額と右手に包帯がまかれていたが、パパラッチとぶつかって転倒した際の怪我だという。「顔から倒れこんでしまった。手には眼鏡を持っていたかし、大変なことになったよ」と本人は苦笑しながら語った。

【関連記事】
末期ガンと報じられるデニス・ホッパーが5度目の離婚を申請
デニス・ホッパーはオバマに1票!

MOVIE Collection