ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> 映画 >> きみはペット

きみはペット

 チャン・グンソクが「ペット」を演じる風変わりなラブストーリー

 2012年1月21日より公開

きみはペット
予告編動画
フォトギャラリー
きみはペット
公式サイト

[見どころ]

男がペットで、女がご主人様──ちょっと奇妙な恋を描いた小川彌生原作の同名人気コミックを実写映画化。日本では、小雪と松本潤の共演でドラマ化されたことがあるが、映画化はこの韓国版が初めて。ペット志願の男を演じるのは、韓国ドラマ『美男(イケメン)ですね』に主演して日本でも大人気のチャン・グンソク。愛らしい顔立ちのグンソクはハマリ役といえるだろう。またグンソクは、日本版エンディング曲も担当している。ご主人様の女性を演じるのは、『ブラインド』での演技で大鐘賞主演女優賞を受賞したキム・ハヌル。メガホンを執るのは、本作で長編デビューを飾ったキム・ビョンゴン監督。アラサーのキャリアウーマンと癒しのペット男、という現代ならではのラブストーリーを楽しみたい。

[ストーリー]

バリバリのキャリアウーマンで31歳の編集者チ・ウニ(キム・ハヌル)は、仕事で左遷され、恋人からもふられ、すっかり落ち込んでいた。そんなある日、ウニは自宅のバスルームに見知らぬ若い男性がいるのを見つけて驚く。彼の名はカン・イノ(チャン・グンソク)といい、将来を嘱望されながらもある事故によって落ちこぼれてしまったダンサーで、ひょんなことからウニの自宅に泊まることになったのだった。やがてイノは、「友達」でも「恋人」でもなく「ペット」として同居させてほしいと申し出る。こうして、ご主人様とペットの秘密の同居生活が始まった。

[スタッフ・キャスト]

[監督]キム・ビョンゴン
[原作]小川彌生
[出演]キム・ハヌル、チャン・グンソク、リュ・テジュン、チョン・ユミ、チェ・ジョンフン
[DATA]2011年/韓国/東宝東和/110分

[フォトギャラリー]