ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『無限ファンデーション』南沙良インタビュー

演技力も抜群! ポッキーCMの注目美少女が主演作語る

『無限ファンデーション』南沙良インタビュー
私も、自分の思いを伝えないで終わりにしがち……

『無限ファンデーション』
2019年8月24日より全国順次公開
(C)2018「無限ファンデーション」製作委員会
「昔から『自分とは違うもの』になるのが好きでした」と語る17歳の南沙良。女優を目指したきっかけについて、「違う存在になることをお仕事にしている女優さんって、すごくかっこいいなあと思って」と教えてくれた。

ファッション誌「nicola」の専属モデルとして活躍、2017年には『幼な子われらに生まれ』で鮮烈な女優デビューを飾り、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で吃音症を抱える主人公を演じブルーリボン賞新人賞をはじめ様々な新人賞を受賞した彼女に、ほぼ即興で挑んだ主演最新作『無限ファンデーション』の撮影秘話や、趣味の服作り、映画への思いなどを語ってもらった。


──簡単なプロットだけで、すべて即興でお芝居に取り組まれたと聞きました。役者として試される部分も多かったかと思いますが、演じていてどんな部分を楽しめましたか?

:最初に即興だと聞いたときに、どうやって即興で映画を作っていくんだろうなあと思ったんですけど、作品に入る前に1〜2回リハーサルをして、全体の流れだったりの説明を受けたんです。みんなで作っていく中で、即興だから物語が変わることがあるかもしれないけど、楽しんでやりましょう!みたいな(笑)。

──リラックスした雰囲気だったんですね。

『無限ファンデーション』
(C)2018「無限ファンデーション」製作委員会
:緩い感じで始まったので、そこまで深く考えずにできたというか……共演相手からもらったものに対して、自分の中から出てくる言葉で相手に伝えるということが、すごく楽しかったですね。

──ちなみに、撮影の期間は?

:1週間です!

──撮影はスムーズにいったのでしょうか?

:ほとんど一発撮りだったので、意外とスムーズに進んでいました。

──監督は一発撮りというところにこだわっていた?

:そうですね。こだわっていたと思います。

──主人公・未来は洋服作りが好きな一方で、とても人見知りで人間関係を構築するのが苦手なタイプです。共感する部分はありましたか?

:私には、未来と重なっている部分がたくさんあるんです。私も洋服を作ることがすごく好きなんです。あと、私も自分の思ったことを、相手に伝えないで自分の中で終わりにしてしまうんです。

──では、南さんにとって、特に思い入れがあるシーンはどこでしょうか?

『無限ファンデーション』
(C)2018「無限ファンデーション」製作委員会
:すごく楽しかったのが、花火を見るシーン。その年の初花火だったので、すごくテンションが上がって、楽しかったですね。花火がすごく近かったんです。(主人公の未来と交流する不思議な少女の)小雨さん(西山小雨)と一緒に、すごく楽しんでいました。

──劇中では、小雨ちゃんが未来にかける言葉や歌がとても印象的でした。

:西山小雨さんが、本当に“小雨さん”そのままなんですよ。内からにじみ出るハッピーオーラというか、本当に良い意味で回りを巻き込んでくれるというか。その温かさが本当に好きです。

──劇中では、未来を演劇部に誘ったナノカ(原菜乃華)の行動がきっかけで、人間関係にひずみが生じます。南さんご自身は、人間関係に悩んだ経験はありますか?

:たくさんあります。私も女の子の友だちと接するのが上手じゃないというか、あまり女の子の友だちがいないんです(笑)。それこそ学校では、女の子同士って一緒にトイレに行きたがったり、何するにも一緒とか、暗黙の了解のような「あの子と話しちゃいけない」みたいなことが、すごくたくさんあるのが苦手だなあと思って。なかなか難しかったです。

──その一方で、ナノカの「行動しないと何も変わらないよ。デザイナー目指してるんだったら、ちゃんと動かなきゃ。自分で」という台詞にはハッとさせられます。南さんが女優を目指そうと思ったきっかけを、改めて教えていただけますか?

:特別なきっかけがあったわけじゃないんですけど、昔から“自分とは違うもの”になるのが好きでした。リスになりたかったり、インコになりたくてインコを飼ったり(笑)。違う存在になることをお仕事にしている女優さんって、すごくかっこいいなあと思って。それがきっかけだったのかなって思います。

──最初に本格的にお芝居に触れたのは、三島有紀子監督の映画『幼な子われらに生まれ』でした。女優業をお仕事として捉えるようになったきっかけはありました?

:それも特別なきっかけがあったわけではないんですけど、『幼な子われらに生まれ』や『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』だったり。そういう作品を通じて、たくさんの方から感想を言っていただいたり、賞をいただくことができたり。そういうことが大きかったのかもしれません。

──今年の3月には専属モデルを務めていた「ニコラ」のモデルを卒業して女優に専念されました。年齢のこともありますが、卒業は寂しかったですか?

:「ニコラ」は年齢のことがあったので。できれば卒業はしたくなかったんですけど…(笑)。でもそこでちゃんとリセットされたというか、切り替えができたのかなって思います。

──今後も雑誌でのお仕事は継続されていくとのことですが、これまでのモデル活動が演技の面に生きていると感じる面は?

:根っこの表現するという部分は同じなのかなと思うんですけど、それぞれ楽しみ方が違うというか…私はどっちもすごく楽しかったので、これからも続けていけたらなって思います。

──さきほど、洋服作りが好きなことが未来との共通点だと仰っていましたが、どんな服を作っているのでしょう?

:リメイクが多いんですけど、ミシンを使って、もとのデザインとちょっと変えたり、そこにプラスしたり。そういう服作りが好きですね。

──洋服作りを好きになった経緯は?

:昔から、物を作ったりとか、洋服もそうですし、絵を描くことがすごく好きなんです。母がお裁縫が得意ということもあって、その影響もあるんですけど、何かを作るということがすごく好きです。

──未来はデザイナーを目指しますが、南さんご自身は、服作りをお仕事に結び付けたいと考えていますか?

:それは全然ないですね(笑)。

──あくまでも趣味で?

:そうですね。

──もし声がかかったら?

:声をかけていただいたら挑戦したいなって思うんですけど、自分からお仕事にしたいと思ったことはないですね。

──作った服は着ますか?

:着たことないです(笑)。飾ってます。作って満足したら、母の実家に送っています(笑)。

──今まで、どれくらい作りました?

:ちゃんとした洋服は少ないですね。作って途中でやめちゃったり、たくさんあって。

──南さんご自身はどういう服を着ることが多いのでしょう?

:普段は、着ていて楽なもの(笑)。ワンピースとか、スカートとか。

──作るときには、テーマなどを設けるのでしょうか?

:作るとなると、尖ったものが多いかもしれないです。

──裁縫は独学で?

:習ったこともなくて。ほぼ独学なので、パターンとかは引けないんですけど……。

──お洋服の作例を拝見していると、とてもアヴァンギャルドな印象を受けます。

:尖りたいという思いが(笑)。普段は尖れないので、こういうところで出しているんだと思います(笑)。

(2019/08/28)


【関連記事】



南沙良
みなみ・さら

2002年6月11日生まれ。神奈川県出身。2014年に開催された第18回nicolaモデルオーディションでグランプリを獲得し、ファッション誌「nicola」専属モデルとして活動。その後、三島有紀子監督の映画『幼な子われらに生まれ』(17年)で女優デビュー。映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18年)で映画初主演をつとめ、吃音症を抱える女子高生の演技が評価され、報知映画賞新人賞、ブルーリボン賞新人賞などを受賞。ドラマ『ココア』(19年)、映画『居眠り磐音』(19年)などに出演。江崎グリコ「ポッキー」や「キリン 午後の紅茶」のCMにも出演。今年は、1月にドラマ『ココア』でテレビドラマ初主演をつとめたほか、時代劇初挑戦作『居眠り磐音』も公開。来年春は主演映画『もみの家』の公開も控えている。

MOVIE Collection