ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『4月の君、スピカ。』大原優乃インタビュー

最強ボディのカバーガール女王が切ないラブストーリーにキュンキュン!

『4月の君、スピカ。』大原優乃インタビュー
個人的には、落ち着いていて芯のある深月がタイプ

『4月の君、スピカ。』
2019年4月5日より全国公開
(C)2019杉山美和子・小学館/「4月の君、スピカ。」製作委員会
累計発行部数120万部を突破した杉山美和子の大ヒットコミックを実写映画化した『4月の君、スピカ。』が4月5日より劇場公開される。福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵というフレッシュな魅力あふれる若手キャストが勢ぞろい。天文部を舞台にもどかしくて切ないラブストーリーが展開される。今回は主人公・星のクラスメイト立花楓を演じた若きカバーガール女王・大原優乃に話を聞いた。


──福原遥さんに鈴木仁さん、そして大原さんと言えばドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』に出演されていたメンバーですが、今回の映画でも同じメンバーが集まりました。『4月の君、スピカ。』と『3年A組』、どちらの撮影が先だったんですか?

『4月の君、スピカ。』撮影中の様子
大原:『4月の君、スピカ。』の方が先です。『3年A組』では、みんなと再会できて、また共演させていただけたことが本当にうれしかったです。特に福原遥ちゃんとは、雑誌「ピチレモン」でモデルをやっていた時からの仲なので。お仕事で会えることは本当にうれしいですね。

──福原さんと2人になるとどういうお話をしているんですか?

大原:2人で会っている時はお仕事の話ばかりしています。お互いの悩みを聞いたり、励まし合ったりして。支え合っているという感じです。それは今も昔も変わらないと思います。

──原作コミックは読まれたのでしょうか?

大原優乃
大原:最初に原作を読ませていただきました。本当にキュンキュンして。そしてせつないマンガだなと思いました。現場でも、キャストの皆さんが原作を愛していて演じているのが、すごくステキだなと思って。わたしが演じる立花楓という役は、原作にないオリジナルキャラクターなので。だからこそ自分にできることを、原作を大切にしながら演じさせていただきたいと思いましたね。

──この作品のような三角関係についてはどうでした?

大原:わたしはマンガが好きなので。久々に少女マンガを読んで、キュンキュンしました。この作品は展開がどうなっていくか分からない。最後の最後まで見逃せないというか、最後までハラハラキュンキュンできる作品だなと思ったので、面白かったです。

──マンガはどんな作品がお好きなんですか?

大原:普段は少年マンガの方が多いんです。弟がマンガ好きなので、借りて読んでます。「アオアシ」「バクマン。」「GIANT KILLING」みたいな熱いマンガが好きです。「アオアシ」は主人公が田舎から出てきて、その中でひとりでやっていくというストーリーなので、すごく共感できるところがあるんです。

──天文好きで無口な深月と、チャラめだけど優しい泰陽と。まったくタイプの違う2人が登場しますが、大原さん個人としてはどちらの方がいいなと思いますか?

大原:わたしは深月くんですかね。落ちついているし、でも自分の思いはしっかりあって、素敵だなと思います。泰陽くんは、友だちにいたらいいな。親友になりたいです。

──ロケ現場が長野県の千曲市でしたが、撮影はいかがでした?

大原優乃
大原:すごくのどかで、空気がおいしくて。景色もきれいなところだったので。撮影は不安もあったりしましたけど、旅館に泊まらせてもらった時は温泉に入ったりして。リラックスすることが出来ました。

──夏目かなさん(須藤瑠衣役)、南山あずささん(鴻池鈴さん)と大原さん演じる楓の3人は、泰陽と深月のファンで。この2人と一緒に天文部に入部した主人公・星にヤキモチを焼くという役どころでした。

大原:この映画では、役としてその3人の衣装やメイク、髪型が圧倒的に派手でポップな感じだったので。そこから自分の役について想像することが出来て、より楽しむことができました。監督がこのキャラクターをオリジナルで作った理由なんですけど、この映画には切ないすれ違いのシーンが多いので、わたしたちが出てきた時にクスッと笑えたり、温かい気持ちになってもらえたらいいなと言っていて。現場で監督を笑わせられたら勝ちだよと言われたので、撮影中はどうやって監督を笑わせようかなということに頑張っていました。言っていることは、女子高生が言っていそうな普通のセリフだったんですが、それをどうやってポップに、かつ監督を笑わせられるようにできるか、ということは考えました。いろいろと難しいなとは思いましたけど、3人で話し合いながらやってみました。そうしたら、クランクアップの時に、わざわざ監督が、モニタのところからこっちに走ってきてくれて。「良かったよ」と笑顔で言ってくださったのがすごく嬉しかったです。

──3人ではどんなお話をしていたんですか?

大原:みんなこの作品に真剣に向き合っていたので、現場から帰ってきた時も、反省することがあったらみんなで落ち込んだりとか。うれしい時は、みんなでうれしかったねと話し合ったり。わりと作品のためにみんな頑張っていたので、だいたいがそういった話をしてましたね。純粋にみんなが同じ方向を向いて考えたからこそ、この役ができたんじゃないかなと思います。

(2019/04/05)


【関連記事】



大原優乃
おおはら・ゆうの

1999年生まれ、鹿児島県出身。2014年にDream5として紅白歌合戦に出場。現在はソロとなり、グラビア誌を中心に活躍、最も表紙を飾った女性に贈られるカバーガール大賞を受賞。話題のテレビドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(19年)に出演するなど女優としても活躍中。

MOVIE Collection