ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『GODZILLA 星を喰う者』上田麗奈インタビュー

“アニゴジ”最終章の見どころや撮影秘話を人気声優が語る!

『GODZILLA 星を喰う者』上田麗奈インタビュー
声を守るために心がけているのは「マスクをしないこと」

『GODZILLA 星を喰う者』
2018年11月9日より全国公開中
(C)2018 TOHO CO., LTD.
ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション映画として話題の『GODZILLA』三部作が、ついに最終章へ。最終章『GODZILLA 星を喰う者』では、ゴジラ史上最大の<ゴジラ・アース>を倒す唯一のチャンスを逃した主人公ハルオが、共存してきた異種族との亀裂などを通じて人としての在り方を自問する姿が描かれるが、そんな中、<ゴジラ・アース>の熱線攻撃が通じない<ギドラ>が現れる。最終章でハルオを支えるのは、人類の遠い子孫であるフツアという種族の双子の姉妹マイナとミアナだ。最終章ではハルオとのかかわりが多いマイナの声を演じる上田麗奈に、単独インタビューを行った。


──第二章から登場して、最終章では重要な役どころとなりましたが、プレッシャーなどはありましたか?

上田麗奈
上田:そこまでプレッシャーは感じていませんでしたが、マイナのハルオへの気持ちは第二章から匂わせるものがあって、それをマイナ自身の中でも強く感じるようになり、その結果、今回の立ち位置になったのかな、と思います。

──マイナは幼児のような単語をつなげただけの言葉を発し、セリフも多くはありません。言葉が少ない中でさまざまな感情を表現するのは難しいように思いますが、いかがでしたか?

上田:たしかに言葉が豊富ではないと、伝えられることは限られてくるかもしれません。でも、ふだんから私たちは言葉にしなくても感情を表現していると思います。「言葉は出てこないけどなんか嬉しい!」というのが顔に出ていたり、ハイタッチしちゃったり。盛り上がってくる感情を表現することが大事だと思っているので、言葉が少ないことで苦労するということは個人的にはなかったですね。

──今回はプレスコ(先にセリフを収録して、後から絵を制作する方法)での収録と聞きましたが、プレスコならではの難しさはありましたか?

上田麗奈
上田:たしかに絵がないと、どれくらいの規模感なのか分からないのは難しいと思います。でも、収録のときに先輩方がセリフをしゃべっているのを後ろで聞いているだけで、絵が見えてくる(想像できる)くらい説得力があったので、それに引っ張ってもらいながら、その空間の中に入っていけるように一生懸命に台本を読ませてもらいました。難しかったけれど、手ごたえを感じることができました。

──ハルオ役の宮野真守さんとの共演はいかがでしたか?

上田:ハルオとマイナのふたりきりのシーンは追録(追加録音)が多かったので、同じ空間でお芝居をしたわけではありませんでした。でも、ヘッドホン越しに宮野さんが演じるハルオの声を聞きながらマイナとしてしゃべっていると、宮野さんの言葉に説得力や熱量が感じられたので、それに引っ張ってもらった感じがありました。

──オーディション時には双子の姉妹を1人2役で演じるか、別の声優さんにするか決まっていなかったそうですが、マイナ役が上田さん、ミアナ役が小澤亜李さんに決まった経緯を教えてください。

上田:経緯は分かりません(笑)。でも、私が思うに、それぞれ私はマイナの性格に近かったり、小澤さんはミアナに近かったりというのがあったので、オーディションのときの声の感じとか性格を見抜いたうえで判断してくださったのかな、という印象はあります。

──小澤さんとはお芝居でもPRイベントなどでも一緒に活動することが多かったかと思いますが、面白いエピソードがあれば教えてください。

『GODZILLA 星を喰う者』
(C)2018 TOHO CO., LTD.
上田:abemaTVさんに、宮野さん、櫻井孝宏さん、小澤さん、私の4人で出演させていただいたんです(「その〈番組〉は〈絶望〉すら焼き尽くす!シリーズ最終章『GODZILLA 星を喰う者』映画公開直前アベマSP!」/11月4日放送)。そのときに先輩方が面白いボケをやってくださっていたのですが、亜李ちゃんはミアナと性格が似ていて好奇心旺盛で前のめりに進んでいけるので、どんどんボケにのっていけるんです。それがミアナそっくりで面白かったです。自分はというと、マイナと同じで慎重というか前にポンと出ていけない性格なので、のりたいのにのれない、みたいなもどかしい気持ちがあって。その対比がすごく面白いなー、と思っていました。

──作品から離れて日常のことなどもお聞きしたいのですが、声優さんとして声を守るために心掛けていることはありますか? 

上田:マスクをしないこと。マスクをしていた時期に、口が開いていてもバレないと思っていたからか、顔の筋肉がゆるんじゃった気がしたんです(笑)。また、風邪もひきやすかったりしたので、逆にマスクをしないで、全部ひらけた状態でいて気を張っていたほうが、風邪もひかず、体調も崩さず、結果、のどにも悪くないのかなー、と思ったり。

(2018/11/13)


【関連記事】



上田麗奈
うえだ・れいな

1月17日生まれ。富山県出身。2015年、第9回声優アワード新人女優賞。主な作品に、『ポケットモンスター サン&ムーン』(マオ役)、『てさぐれ!部活もの』(園田萌舞子、園田萌舞恵ほか姉妹12人役)、劇場『アルモニ』(真境名樹里役)など。歌手として、2016年に1stミニアルバム「RefRain」 、2018年に1stシングル「sleepland」を発売。

MOVIE Collection