ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『あいあい傘』倉科カナ インタビュー

姿を消した父との再会──自身と似た境遇に「演るしかない」と思った

『あいあい傘』倉科カナ インタビュー
私自身の境遇が主人公に似ていて、共感した

『あいあい傘』
2-18年10月26日より全国公開
(C)2018映画「あいあい傘」製作委員会
25年前に姿を消した父は、別の地で、新たな家族を築いていた……。2012年まで劇団「東京セレソンデラックス」を率いた宅間孝行が、同劇団が07年に上演した舞台を再構築し、監督したヒューマンドラマ。

年に一度の祭りでにぎわう田舎町に、生き別れた父・東雲六郎を探す女性・高島さつきがやってくる。父と娘の、そして周囲の人々の5日間を描いた同作で、ヒロインのさつき役で主演を務めた倉科カナに単独取材。「さつきとは境遇が似ていた」と告白し、「自分がやるべきだ」と感じたという本作に挑んだ心情に迫った。


──途中から、さつきさん目線で、完全に肩入れして見ていました。
倉科カナ

倉科:ありがとうございます。

──オファーがあって、脚本を読まれてみて、まずどこに惹かれましたか?

倉科:私自身が、さつきと境遇が似ていたんです。脚本を読ませていただいて、「これはやりたいし、私がやるべきだ。私しかいない」と思いました。

──ストーリー全体をご覧になって、惹かれた部分は?

倉科:人間くささです。登場人物のひとりひとりの描かれ方が、とても豊かで温かみがあるんですよね。いい人たちだからこそ、いなくなった先でお父さんは幸せにしているんだという苛立ちが募ってしまう。さつきが感情をむき出しにする気持ちもすごくわかりました。

──そうですね。序盤で市原さん演じるテキ屋の清太郎を利用していたときのさつきさんよりも、みんなに怒りや悔しさをぶつけていくさつきさんを見てからのほうが、彼女に感情移入して、とても好きになりました。感情をむき出しにする芝居に難しさはありませんでしたか?
倉科カナ

倉科:今回、このシーンができなかったなとか、難しいなといったことが本当になかったんです。うまくやりたいといったことも考えなかった。ワンシーン、ワンシーン、その場にさつきとしているだけでした。

──宅間監督から何かリクエストはあったのでしょうか。

倉科:前半はさつきが何者なのかを観客にあまり知らせたくないという意図がありました。そしてできるだけ清太郎を利用しているように映るようにと。

──なるほど。では私はまんまと意図にハマったわけですね。
『あいあい傘』
(C)2018映画「あいあい傘」製作委員会

倉科:そうですね(笑)。序盤は見ている人が引っかかるように演じてほしい。そう監督がおっしゃっていたので、その方向で行きました。

──共演者の方たちも本当に魅力的でした。現場の様子はどんな感じだったのでしょう。

倉科:わたしと市原君、メアリーちゃん(高橋メアリージュン)の年齢が同じなんです。それにふたりとは何度も共演しているので、最初から仲良しでした。やべ(きょうすけ)さんも本当にお話好きなステキな方で、4人でいる感じは、本編のまんまです。とっても仲良くなれて、4人で飲んだりもしました。

──それはロケでの撮影だったからですか?

倉科:いえ。1日、都内で居酒屋のシーンを撮影したんです。そのときに、撮影が終わってから、そのままその居酒屋で飲みました(笑)。(さつきの父の内縁の妻)玉枝役の原田(知世)さんは本当に素敵な方で、すごくお話したかったんですけど、物語での関係性が複雑なので、あまり仲良くなってもよくないなと。なので少し距離感を保つようにしていました。同じ理由から、(父・六郎役の立川)談春さんとはほとんど顔も合わさないように心がけていました。

──出来上がった作品をご覧になっていかがでしたか?

倉科:素晴らしかったです。ワンシーンワンカットでの撮影が多かったのですが、ライブ感がこの映画にぴったりでした。ひとりひとりの心の機微が、説明くさくなることなしに、押しつけがましくなく伝わってきました。エンドロールを見ながら、携わってよかったなと思いました。スタッフさんの、この作品にかける熱量もすごく感じました。

(2018/10/24)


【関連記事】



倉科カナ
くらしな・かな

1987年12月23日生まれ。熊本県出身。高校3年生のときに「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを獲得する。一方で女優業にも力を入れていく。09年にNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロインに抜擢。以降、テレビ、映画と活躍を続けている。主な出演作にドラマ『名前をなくした女神』(11年)、『私が恋愛できない理由』(11年)、『ファーストクラス』(14年)、『刑事7人』(15-17年)、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08年)、『夢売るふたり』(12年)、『3月のライオン』前後編(共に17年)など。

MOVIE Collection