ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『悪魔』大野いとインタビュー

不安で体調が悪化…!? 男を惑わす小悪魔役に初挑戦!

『悪魔』大野いとインタビュー
男の人を惑わすような役は初めて

『悪魔』
2018年2月24日より公開
(C)018 Tanizaki Tribute 製作委員会
文豪・谷崎潤一郎の短編小説を原案に現代劇として映像化する「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」シリーズの1作である『悪魔』。

本作で、吉村界人演じる佐伯と、前田公輝ふんする鈴木をもてあそぶ女子高生・照子を演じたのが女優・大野いとだ。「自分とは真逆の役で、撮影中は体調が悪くなった」と苦笑いを浮かべていた大野が、「初めての経験ばかりだった」という撮影を振り返った。


──台本を読んだとき、照子という役に対してどんなイメージをもちましたか?

大野いと
大野:人をおもちゃみたいに扱う気持ちは、少なからず理解できたりするのですが、それを行動に移してしまう照子にはなかなか共感できませんでした。なので、小悪魔気質の女の子たちを思い出しながら、イメージを作っていきました。

──人をおもちゃにするような感覚は理解できるのですか?

大野:なんとなくですが、相手を思いやることよりも自分の感情を優先してしまうことが楽しいと思えてしまう気持ちは理解ができるかな、と。誰しももっている願望のような気がするんですよね。

──共感できないという役をやることは女優としてどんなお気持ちでしたか?
大野いと

大野:ワクワクと不安が入り混じった感じでした。でも撮影中、体調があまりよくなかったのですが、いま考えると、知らず知らずのうちに不安な状態が体調に影響を与えていたような気がします。

──どういう部分が不安だったのでしょうか。

大野:もともと人生経験も豊富ではないですし、男の人を惑わすような役をやるのも初めてだったので、見た人がどういう風に感じるのかなということは、とても不安でした。

──藤井道人監督からはどんな演出がありましたか?

大野:撮影前に、私の目がすごく印象的で「なにを考えているかわからないところが照子に似ている」と仰っていただいたので、そこは大切にしました。藤井監督はシーンごとに細かく演出をされる方でした。あとは、これまで監督に対して怖いと思ったことはないのですが、藤井監督は怖かったです。とは言っても、いつも笑顔で優しい監督でしたので、怒るとかそういう怖さではなくて、良い、悪いがはっきりしているので、その意味で背筋が伸びる現場でした。

──目が印象的だと言われたのですね。
大野いと

大野:はい。でも腑に落ちる部分はありました。私は中学生のときから友だちに「目が死んでいる」と言われていたのです。私自身はそんなつもりではないのですが、なにか考え事をしていたり、想像したりしているときの目が、いい意味で言えば印象的だし、良くない言い方なら死んでいるになるのでしょうね(笑)。

──先ほど撮影中は体調が悪くなったとおっしゃっていましたが、過酷だったのでしょうか?

大野:撮影期間はものすごく寒かったことと、鼻血を舐めたりするシーンなど、役でしか経験できないような場面はかなりの緊張感もあり、知らずのうちに負担になっていたのかもしれません。

──吉村さんと前田さんは強烈な役でした。

大野:お二人とも本当に役に入られていたので、すごかったです。撮影でご一緒した場面以外のシーンも見ると、本当に強烈でした(笑)。

──でも照子は、そんな2人をもてあそぶような役でしたよね。

大野:藤井監督からは、この2人に対してなにも感じていない、興味をもっていないのが照子だと言われました。これまで二重人格ぶった女の子や、カルト宗教の鍵を握る女の子の役はやったことがあったので、その系統なのかなと思いながらも、それにプラスして男の人が入り込むので、新しい挑戦だと思ってやらせていただきました。

(2018/02/22)


【関連記事】



大野いと
おおの・いと

1995年7月2日生まれ、福岡県出身。2009年に芸能界デビューを果たすと、2010年から雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活動開始。翌2011年に映画『高校デビュー』でスクリーンデビューを果たすと、『愛と誠』(12年)、『ツナグ』(12年)、『天の茶助』(15年)らの映画や、ドラマ『馬子先輩の言う通り』(15年)、テレビ東京『新宿セブン』(17年)、映画『クジラの島の忘れもの』(18年)などに出演。

MOVIE Collection