ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』ヴァンサン・カッセル インタビュー

髭を伸ばしっぱなしで粗野に! 芸術家の狂気を熱演

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』ヴァンサン・カッセル インタビュー
ゴーギャンについては、実は詳しくは知らなかった

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』
2018年1月27日より全国順次公開
(C)MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT 
パリのサロンへの入選を果たしながらも、作品が売れずに行き場を失った印象派の画家、ポール・ゴーギャン。創作の場を求めマルティニーク島、パナマを経て、地上の楽園タヒチへとたどり着いた彼の愛と苦悩を描いた『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』が、1月27日より公開される。

ゴーギャンを演じたのはハリウッドでも活躍するヴァンサン・カッセル。近代文明を捨てた芸術家の狂気を見事に演じた彼に、話を聞いた。


──この作品に参加した経緯は?

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』
(C)MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT 
カッセル:シノプシスを読んで、エドゥアルド・デルック監督に会った。彼に会うのは初めてだったけれど、若くて、ダイナミックで、可能性のある男だとすぐに分かったよ。ゴーギャンが持ち合わせていた願望、つまり、本当にやりたいことに集中するために今いる世界から遠ざかるという欲求が、うまく私の願望と噛み合ったんだ。

──あなたはこの映画を史実にのっとった伝記だと思いますか? それともフィクション化した伝記だと思いますか?

カッセル:真の伝記か否か、それは取るに足らないことだ。でも私はあらゆる点で、ジャンルにはこだわってきた。この作品では、ゴーギャンの固定されたイメージは撮られていない。長い時間をかけて作り上げたものだよ。アクションは繰り返しではなく、ライブであるべきだということで、監督と意見が一致した。この原則は、映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』の根本的な形を作ったと思う。

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』
(C)MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT 
──あなたはゴーギャンについてどんなことをご存知でしたか?

カッセル:実は詳しくは知らなかったんだ。ゴーギャンは問題のある男。それが自分に通じるところかな。監督の助言で、映画の基礎となるゴーギャンの紀行エッセイ『ノア・ノア』を読み、展覧会を見に行き、オルセー美術館の職員と会った。画家の先生のところにも通ったよ。ずっと自分が絵を描くのが苦手だと思っていたけれど、すぐに練習にのめり込んだ。何枚かはうまく描けたみたいだよ(笑)。

──映画はゴーギャンの敗北も描いていますね。

カッセル:ゴーギャンは芸術に身を捧げる為に、家族、キャリア、健康を犠牲にしている。“原始的”もしくは“野生”と呼んでいたものを探す中で、自分をすり減らしていく。切望したタヒチでさえも彼を“抗体”として拒絶するんだ。でもゴーギャンはその絵画で、コントラストのあるビビッドな色合いで、リアリズムに頼らない生き生きとしたものを作り出し、構成に残した。つまり、彼は正しかったとも言える。

──あなたはゴーギャン役の為に身体的な変化も求められた?

カッセル:私はよくブルース・リーが言った言葉を引用するんだ。「自分を水だと考え、やれと言われた形になる」。私は髭を伸ばしっぱなしにし、栄養士と一緒になってダイエットをした。ゴーギャンは常に空腹だったからね。それから偽の歯もつけた。実際楽しかったよ。タヒチ語も習ったし、ゴーギャンの歩き方も作り上げた。出来上がったゴーギャン像は、監督と最初に想定していたよりも、少し粗野だったかもしれないけどね。

(2018/01/23)


【関連記事】



ヴァンサン・カッセル Vincent Cassel 1966年11月23日生まれ、フランスのパリ出身。父は名優ジャン=ピエール・カッセルで、妹のセシルも女優として活躍中。ニューヨークのアクターズ・インスティテュートで演技を学び、91年にフィリップ・ド・ブロカ監督の「Les Clés du Paradis」でデビュー。95年、マチュー・カソヴィッツ監督作『憎しみ』で一躍、注目を集め、セザール賞の有望若手男優賞、最優秀男優賞に同時ノミネートされる。14年にはハリウッドに進出し、『オーシャンズ12』、続く『オーシャンズ13』に出演、08年、『ジャック・メスリーヌフランスで社会の敵No.1と呼ばれた男』で主役のメスリーヌ役を迫真に演じて東京国際映画祭の主演男優賞を受賞したほか、同年のセザール賞最優秀男優賞も獲得。主な出演作は『ドーベルマン』(97年)、『ブラック・スワン』(10年)、『美女と野獣』(14年)など。16年にはグザヴィエ・ドランの『たかが世界の終わり』やマイウェンの『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』などの深みのある演技が話題に。
MOVIE Collection