ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『たたら侍』青柳翔インタビュー

心に響いたベテラン女優からの一言とは?

『たたら侍』青柳翔インタビュー
伍介はスーパーヒーローではない

青柳翔
いまやさまざまなジャンルの日本映画が世界中で受け入れられているが、昨年開催されたカナダ・モントリオール世界映画祭での最優秀芸術賞をはじめ、各国の映画祭で多数の受賞をはたした話題作といえば、EXILE HIRO初プロデュースの『たたら侍』。先日行われた台湾のプレミアでも、多くの現地ファンが駆けつける熱狂ぶりを見せたばかりだ。

本作は、“たたら吹き”という高度な鉄作りとともに生きてきた出雲の村を舞台に描かれた時代劇であり、その技術の継承者でもある伍介が主人公となっている。今回、主演を務めたのは、多彩な人材を輩出している劇団EXILEのなかでも、俳優としてだけでなく、歌手としても目覚ましい活躍で話題の青柳翔。英雄でも戦士でもないひとりの青年を演じ、葛藤する内面を表現する難しい役への挑戦となったが、本作で得たものや見どころについて、思いを語ってもらった。


──まずは、この作品に参加することになったいきさつから教えてください。

『たたら侍』
2017年5月20日より全国公開
(C)2017「たたら侍」製作委員会
青柳:前作『渾身 KON-SHIN』のプロモーションで錦織監督とご一緒させてもらったときに、「次は時代劇をやりたいね」というお話をお伺いしたのが最初で、「やりがいがあるだろうな」と思いました。そのときは、こんなにたくさんの方にご協力していただけるとは思っていなかったので、いまはすごくうれしい気持ちと責任も感じています。

──「たたら」というテーマについてはどう思いましたか?

青柳:ジブリの作品に出ていたという印象はあったんですけど、僕もそこまで知識がなかったので、監督からお話をお伺いして、そこで初めていろいろと知りました。なので、撮影に入る前にはドキュメンタリー映像を見たり、資料を見たり、あとは操業しているところを見学させてもらったりしながら勉強しましたね。

──脚本を読んでみて、どのように演じようと心がけましたか?

青柳:まず、伍介はスーパーヒーローではないんですよ。だからこそ、村を出たときの気持ちや挫折したときの気持ちを大切にしながら、最後に伍介が取る行動に向けて作っていかないといけないなと思ったので、監督やキャスト、スタッフとも相談して作っていきました。

(2017/05/19)


【関連記事】



青柳翔
あおやぎ・しょう

1985年4月12日生まれ、北海道出身。舞台「あたっくNo.1」(09年)で俳優デビューし、その後、劇団EXILEのメンバーとなる。映画『今日、恋をはじめます』(12年)では第22回日本映画評論家大賞新人賞を受賞。主な出演作品は、映画『極道大戦争』(15年)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(16年)、ドラマ『ファーストクラス』(14年)、『ワイルド・ヒーローズ』(15年)など。錦織良成監督とは、主演作『渾身 KON-SHIN』(13年)に続き、本作で2度目のタッグを組むこととなった。映画・ドラマ・舞台だけでなく、2016年には歌手デビューもはたし、6月7日にセカンドシングル「そんなんじゃない」をリリース。

MOVIE Collection