ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『カノン』比嘉愛未×ミムラ×佐々木希インタビュー

ツッコミ担当に物知り博士、アラサー3姉妹の賑やか対談

『カノン』比嘉愛未×ミムラ×佐々木希インタビュー
感情の在り方がすごく難しかった(比嘉)

左からミムラ、比嘉愛未、佐々木希
東京と北陸を舞台にした『カノン』。3姉妹が、死んだと聞かされていた母が生きていたと知り、自分を見つめ直していく家族ドラマだ。

トラウマから結婚に踏み切れない次女・藍に比嘉愛未、モラルハラスメントに遭う長女・紫(ゆかり)にミムラ、かつての母と同じアルコール依存症に苦しむ三女・茜に佐々木希が扮して初共演。姉妹になり切った3人が、アルコール性認知症の母を演じた鈴木保奈美のことも含め、作品を振り返り、互いを語り合った。


──初共演ですね。3姉妹に全く違和感がありませんでした。

比嘉:嬉しい! 共演できてすごく嬉しかったです。どういう姉妹像になるのかなと緊張もしましたが、会った瞬間に大丈夫だと思えました。

ミムラ:本当ね。

佐々木:自分だけじゃないっていう思いが持てました。

『カノン』
2010年10月1日より全国公開
(C)2016「カノン」製作委員会
──台本を読まれたときの感想と、役柄について聞かせてください。

佐々木:それぞれに重いテーマを抱えている物語です。私の演じた茜は、アルコール依存症という母親と同じ立場、同じ悩みを抱えてしまっていて、大嫌いな母親と同じだということがイヤで、そこから逃げるためにまたお酒を飲んでしまう。負のループというか。そうした葛藤がとても辛かったのですが、最終的には温かな気持ちになれる作品だと思いました。

ミムラ:チャレンジングな作品です。日々ニュースにあがるような社会問題が、こんなに盛り込んで大丈夫かしらというくらい入っている。おもしろいと感じたのと同時に、これを映像として説明しようとしたとき、重たすぎないか、情報過多すぎないか、とてもバランスが難しいので、監督にご相談しながら助けていただこうと思いました。紫はモラルハラスメントに遭っている妻ですが、娘という立場だけでなく、自分自身も母。ふたりのキャラクターとは違う部分を担っているので、そこは大事にしたいと思いました。

比嘉:台本を読んだ時、正直、読み進めるのが辛くなるくらいに複雑でディープな題材で、演じられるかという不安がありました。でもそれぞれが抱えている傷、痛みを一歩乗り越えたあとの、強さ、未来を感じる素敵な映画になったと思います。ただ藍は3姉妹の次女で、モラハラとかアルコール依存症といった明確にこれという問題はなくて。

ミムラ:名前のつかないトラウマっていうのも重いよね。

比嘉:本当に。次女という立場も。私自身も3人兄弟ですが、長女なので、真ん中の立場はどうなんだろうといろんな人に話を聞きました。すると、挟まれている分、どこか客観的に物事を見たり、自分を出せない性格の人が多かった。だから物語を引っ張っていく役どころでありながら、感情の在り方がすごく難しかったです。

ミムラ:悩んでたよね。紫や茜は自分で完結していく部分が大きいけれど、藍は中心にいて、説明的な部分も担いながら、自分の感情も考えなければいけない。

比嘉:そうなんです。抑えながらも進めていかなきゃいけないというのが初めての役作りで。結構悩みましたが、監督に相談したら、悩んだり苦しんでいる姿が藍そのものなんじゃないかとおっしゃってくださって。すごくほっとして。もやもやした気持ちのままぶつかっていこうと思えました。

(2016/09/29)


【関連記事】



比嘉愛未
ひが・まなみ

1986年生まれ、沖縄県出身。『ニライカナイからの手紙』(05年)で女優デビューし、07年にNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』のヒロイン役に抜擢された。おもな出演作ドラマは『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』シリーズ(08年-10年)、『天地人』(09年)、『マルモのおきて』(11年)、『ハンチョウ〜警視庁安積班〜』シリーズ(12年-13年)、映画は『僕等がいた』(12年)、『飛べ!ダコタ』(13)など。

ミムラ
みむら

1984年生まれ、埼玉県出身。03年にドラマ『ビギナー』で主演デビュー。書評やエッセイなど執筆業でも評価を得ている。主な出演作ドラマは『めだか』(04年)、『いま、会いにゆきます』(05年)、『斉藤さん』(08年)、『梅ちゃん先生』(12年)、『トットてれび』(16年)。映画は『サイドカーに犬』(07年)、『落語娘』(08年)、『天国からのエール』(11年)、『わが母の記』(12年)、『後妻業の女』(16年)など。

佐々木希
ささき・のぞみ

1988年生まれ、秋田県出身。モデルとして活躍しながら、08年に『ハンサム★スーツ』で女優デビュー。『天使の恋』(09年)で映画初主演を飾った。主な出演作ドラマは『土俵ガール!』(10年)、『ファースト・クラス』(14年)、映画は『アフロ田中』(12年)、『風俗行ったら人生変わったwww』(13年)、『さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜』(15年)、『星ガ丘ワンダーランド』(16年)など。

MOVIE Collection