ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ディーパンの闘い』ジャック・オディアール監督インタビュー

フランス人名匠監督が複雑な移民問題に斬り込んだ理由とは?

『ディーパンの闘い』ジャック・オディアール監督インタビュー
テロが起きた後だったら『ディーパン〜』は作らなかった

『ディーパンの闘い』
2月12日より全国公開
(C)2015 - WHY NOT PRODUCTIONS - PAGE 114 - FRANCE 2 CINEMA
内戦が続く祖国を離れ、フランスで新たな生活を始めるために疑似家族となった3人。パリの荒れ果てた団地で、昼間は父・母・娘の家族として暮らし、夜は他人に戻る日々を送る彼らが、幸せを願いながらも新たな暴力に直面する苦悩を描いた『ディーパンの闘い』が、2月12日から全国公開される。

監督は、『君と歩く世界』(12年)などを手がけた名匠、ジャック・オディアール。第68回カンヌ国際映画祭で絶賛され、最高賞のパルム・ドールを受賞した本作について話を聞いた。


──昨年末にパリでテロ事件が起きるなど、今、世界的に移民問題の深刻さがクローズアップされています。本作は、現代ヨーロッパが抱える問題を予見していたかのような内容ですが、映画を製作する上でどんなことを考えましたか?

『ディーパンの闘い』
(C)2015 - WHY NOT PRODUCTIONS - PAGE 114 - FRANCE 2 CINEMA
監督:実は脚本家のトマ・ビデガンとも色々話し合いました。我々が考えたのは、果たしてテロが起こった後でも、我々は『ディーパン〜』を作ったかということ。答えはノンです。というのも、それは現実をなぞることになるから。映画は現実をなぞるものではない、それはもうクリエーションではなくなってしまいます。もしこれからテロのことを考えるとしたら、あの事件をとりあげるとしたらどんな形で描けるだろうか? 答えは『ディーパン〜』とはまったく異なるものになるだろうということです

──主人公・ディーパンはスリランカからフランスへと逃れてきた元兵士です。今回、なぜスリランカという国を選んだのでしょうか?

監督:脚本家のノエ・ドブレが、スリランカのことを描いたBBC製作の『No Fire Zone: The Killing Fields of Sri Lanka』(13年)というドキュメンタリーについて教えてくれたのがきっかけでした。それまで私は、スリランカについてほとんど知らず、「紅茶の国」というくらいの認識しかありませんでした。でも彼が、80年代に起こったスリランカ内戦のことなどを教えてくれました。フランスではスリランカの内戦のことはほとんど知られていません。スリランカはもともと英国の植民地でしたし、フランスとはほとんど繋がりがない、とても遠い国だった。
 でもスリランカのことを知って、すぐにとても興味を持ちました。それからどんどんイメージが広がっていったのです。ドキュメンタリーを見た後、パリのタミル人のコミュニティについてリサーチしました。元兵士にも会いました。彼らは最初、とても用心深かった。でも何度も会っているうちに、みんな打ち解けて話してくれるようになりました。兵士たちと民間人の距離は決して近くありません。ちょうど映画のなかの前半でディーパンと(疑似家族の“妻”である)ヤリニがそうであったように、相容れない距離があるのです。

(2016/02/12)


【関連記事】



ジャック・オディアール
Jacques Audiard

1952年4月30日、フランス生まれ。父親は、フランス映画界を代表する脚本家ミシェル・オディアール。ソルボンヌ大学で文学と哲学を専攻し、その後、編集技師として映画に携わるようになる。ジョルジュ・ロートネル監督『プロフェッショナル』(81年)、クロード・ミレール監督『死への逃避行』(83年)、エドゥアール・ニエルマン監督『キリング・タイム』(87年)などの脚本に参加したのち、『天使が隣で眠る夜』(94年)で監督デビュー。『預言者』(09年)ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞。『真夜中のピアニスト 』(05年)、『君と歩く世界』(12年)などを監督。本作では、コーエン兄弟、グザヴィエ・ドランら審査員たちの満場一致でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した。次回作は、西部劇でパトリック・デウィット著「シスターズ・ブラザーズ」の映画化が予定されている。ジョン・C・ライリーが出演予定、その相手役にハリウッドスターからのラブコールが後を絶たない。

(C)François Berthier

MOVIE Collection