ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『猫なんかよんでもこない。』俳優猫「のりこ&りんご」×山本透監督インタビュー

現場では“猫合わせ”あり、“猫隊”も出動!? にぎやかな撮影を紹介

『猫なんかよんでもこない。』俳優猫「のりこ&りんご」×山本透監督インタビュー
猫の撮影は、やっぱり思い通りにはいきませんでした(笑)

『猫なんかよんでもこない。』
(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会
2016年の猫映画トップバッターとなる『猫なんかよんでもこない。』が1月30日に公開される。実話コミックスをベースに風間俊介が主演をつとめ、ダメボクサーの主人公・ミツオと、拾ってきた2匹の猫との暮しを丁寧かつ微笑ましく描いた感動作だ。

本作の公開を前に、猫ならではのバタバタとした撮影エピソードや、自身も猫を飼っているという山本透監督の猫へのこだわり、作品に込めた思いなどを聞いた。


──本作は、1時間43分の上映時間中「猫が出ずっぱり」と宣伝されているほど、ほとんどのシーンに猫が出演していますが、撮影・演出するにあたり、苦労した点を教えてください

監督に抱っこされたのりこ(右)と、トレーナーさんに抱っこされたりんご(左)
監督:撮影では事前に猫にここのカットはこう動いてほしいと全てイメージを作って臨みましたが、思い通りにはいかなかったですね(笑)。右から左へ歩いてほしいところが左から右になってしまったり、そういうところをどれだけフレキシブルにスタッフも役者も動けるか。猫は言葉が通じないので、眠そうだったら寝ているシーンを撮るとか、どれだけ“猫合わせ”できるかもテーマになっていました。

──主人公・ミツオとアパートで過ごす猫たちの姿も印象的でしたが、人と猫が共演する上で、どんなところが難しかったですか?

監督:無理やり寝かせても寝ないので、眠そうなときに座布団を持ってきて眠るシーンを撮ったりしました。アパートの場面では、昼も夜も撮れるようすべて準備して、夜中に昼間のシーンを撮ることも。キャストにとっては猫の状態によって「ここを撮るぞ!」と突然言われるし、予定表にないシーンを撮影することもあったので大変だったと思います。その中で風間君は、常に臨機応変に対応してくれていました。予定にないシーンが毎日入ったりするのは普通の撮影ではありえないですから。あと、出演する猫は常にフルメンバーを連れてきてもらって、(撮影中の猫が)撮影に飽きたら子猫のシーンにチェンジしたり、そのときのコンディションでフレキシブルに進めていきました。

(2016/01/28)


【関連記事】



山本透
やまもと・とおる

1969年3月20日生まれ、東京都出身。武蔵大学を卒業後、テレビ番組制作会社勤務を経てフリーランスとなり、助監督として『アンフェア the end』(15年)や『永遠の0』(13年)など多数の作品に関わる。監督としては『キズモモ。』(08年)、『グッモーエビアン!』(12年)、藤原竜也主演の『探検隊の栄光』(15年)などを手掛けている。

のりこ

映画『4/猫 -ねこぶんのよん-』(15年)やテレビドラマ『深夜食堂』などにも出演している女優猫。ピンクの鼻がチャームポイントで、リラックスすると喉を鳴らす「ゴロゴロ」の音がちょっと大きめ。

りんご

人間好きで猫嫌いな「孤高の猫」。ほかの猫や縫いぐるみが近づくだけで「シャーッ!」と威嚇する性格が決め手となり本作に出演。「待て」ができるおりこうさんな面もある。

MOVIE Collection