ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『さらば あぶない刑事』舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル インタビュー

『あぶ刑事』夢の4ショットが実現!

『さらば あぶない刑事』舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル インタビュー
10年ぶりの『あぶ刑事』、もう1回遊べるのかって嬉しかった(舘)

『さらば あぶない刑事』
1月30日より全国公開
(C)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会
1986年にテレビドラマが製作されて以来、30年の歳月が流れた『あぶない刑事』が劇場公開版『さらば あぶない刑事』として約10年ぶりに帰ってきた! 題名に“さらば”と入っているように、タカ&ユージが定年退職まであと5日というところから物語はスタートする。

『あぶ刑事』ファンなら涙を流して喜ぶような名シーンが盛りだくさんの本作。「ファンの期待に応えられるようなものを作りたい」という思いがぎっしり詰まったラストにふさわしい映画が、いよいよ公開を迎える。舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオルという超豪華4ショットが“あぶ刑事愛”を語りつくす。


──10年ぶりの『あぶない刑事』でしたがどんなお気持ちで臨まれたのでしょうか?

左より浅野温子、舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル
:俺は単純に嬉しかった。もう1回遊べるのかってね。今回は原点に戻りたいという気持ちがあったので、やるならそういう作品にしたいって思っていましたね。

柴田:僕も嬉しかったですね。一方で10年ぶりだったので、ファンの期待に応えたいという気持ちも強かった。最後という思いが強かったので、色々な要素を入れたかったし、その話し合いができたのが良かった。いい作品になったって思っていますね。

仲村:またやるのか、またやれるのかっていう気持ちでしたね。

柴田:またやるのかって、いま面倒くさそうに言ったね?

:それが本心なんだな。つい本音がでちゃったな。

仲村:いやいや、少し出ましたけれど、って冗談ですけど(笑)、『あぶない刑事』は他の仕事と話の来かたが違うんですよ。「やりますか?」ではなくて、「やりますから」という伝達な感じ(笑)。今回は、「またやれる」っていう嬉しさと「またやるのか」っていう複雑な気持ちでしたね。

浅野:私も嬉しかったですよ。でも10年間も時間が経過したって感じがしてなくて、昨日、一昨日「お疲れ様」って言っていた気分だったので、あまりかしこまった感じではなかったですね。

舘ひろし(左)と柴田恭兵(右)
──久々ということで緊張感はなかったのですか?

:全然なかったな。

仲村:僕が一番心配だったのは、『あぶ刑事』ファンとしては舘さんや恭兵さんが「あれ?」って思うぐらいお年を召されていたら残念だなって思っていたんです。でも撮影初日にお2人にあって挨拶したとき「やった! まだ格好いい」って思えたので、心配は消えました。現場は、自転車って何年乗らなくても乗り方を忘れないのと同じで、この中に入ると、すっと自分の居場所を見つけられるんです。

柴田:要するに、トオルにとって俺たちは過去の人って認識だったんだね。

:そういうことなんだな。

仲村:いやいや、そういう意味じゃないですよ(苦笑)。

(2016/01/28)


【関連記事】



舘ひろし
たち・ひろし

1950年3月31日生まれ。愛知県出身。76年映画『暴力教室』で俳優デビューを飾ると、ドラマ『西部警察』や『あぶない刑事』で大ブレイク。ハードボイルドからコメディまで幅広い演技力で人気俳優となる。

柴田恭兵
しばた・きょうへい

1951年8月18日生まれ。静岡県出身。75年に劇団「東京キッドブラザーズ」に入団。77年にドラマ『大都会 PART供戮妊謄譽喀藹弍蕕鮠った後、ドラマ『あぶない刑事』をはじめ数々のテレビドラマ、映画に出演し個性派俳優として名をとどろかせる。

浅野温子
あさの・あつこ

1961年3月4日生まれ。東京都出身。81年に『スローなブギにしてくれ』で映画初主演を飾ると、『汚れた英雄』(82年)、『陽暉楼』(83年)、『薄化粧』(85年)らの映画に続けて出演し女優としての地位を確立する。ドラマ『あぶない刑事』シリーズでははじけた役を披露し新境地を切り開き、ドラマ『抱きしめたい』では浅野ゆう子との共演で「W浅野」が話題に。緩急自在の実力派女優として評価が高い。

仲村トオル子
なかむら・とおる

1965年9月5日生まれ。東京都出身。85年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。翌年『あぶない刑事』シリーズに出演し、人気を博す。02年公開の韓国映画『ロスト・メモリーズ』では「韓国のアカデミー賞」とされる"大鐘賞"助演男優賞を受賞。映画化もされたドラマ『チーム・バチスタ』シリーズ(08〜)の官僚役も印象深い。近年は映像のみならず舞台でも活躍している。

MOVIE Collection