ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『フジコ』尾野真千子インタビュー

殺人鬼の狂気を熱演!

『フジコ』尾野真千子インタビュー
最初はオファーを断った

『フジコ』
11月13日(金)〜 Hulu/J:COMにて全6話一挙独占配信
(C)HJホールディングス/共同テレビジョン (C)真梨幸子/徳間書店
動画配信サイト「Hulu」のオリジナル連続ドラマ『フジコ』が11月13日からHuluとJ:COMで全6話一挙配信される。読後の後味が悪いミステリーへの最大の賛辞「イヤミス」の傑作「殺人鬼フジコの衝動」(真梨幸子原作)の映像化で、10歳で一家惨殺事件に巻き込まれて両親と妹を亡くした少女・フジコが幸せを求めるあまり殺人を繰り返していく。

壮絶な体験を経て自らも殺人鬼と化すヒロインを演じた尾野真千子に、話を聞いた。


──オファーが来た時、最初断ろうと思ったと聞いて意外に思いました。フジコは凄絶なキャラクターですが、女優としてはやりがいのある役ではないかと想像したのですが。

尾野:脚本を読んで、「これを見てみんなどう思うんだろう、マイナスのことしか思わないんじゃないか」という気がして。見てくれる人たちが面白がってくれる要素を自分の中でなかなか見つけらなかったんです。でも、お返事するまでの間に映画を見たんです、『凶悪』を。その時に、私にもできることがあるのかもしれないなと思って。もしかしたら、何か伝わるかもしれないっていう1パーセントか2パーセントぐらいの望みが見えて。その1パーセント、2パーセントぐらいを楽しいんでみようって思って引き受けました。

『フジコ』
(C)HJホールディングス/共同テレビジョン (C)真梨幸子/徳間書店
──『フジコ』の脚本は『凶悪』の高橋泉さんが執筆されましたが、それも理由になったんでしょうか。

尾野:そこは別に気にしてなかったです。初めのうちは誰が書いているとか、監督するとか、そこは最重要ではなくて。たまたま『凶悪』を見たんです。ただ、前からマネージャーに「一回見てください」と言われてたんです。リリー(・フランキー)さんが大好きだから、それも見たかった理由でした。それを見て、次の日ぐらいに「できるかもね」という気持ちになって、返事をさせてもらったんです。

──稀代の殺人鬼であり、おぞましくもあるフジコには共感を抱くのすら難しいですが、同時に目が離せないような魅力あるキャラクターです。こういう役をどのように理解し、咀嚼されたんでしょうか。

尾野:自分だけ生きていればいいかな、と思ってやっていました。何か他のことを考えるわけでもなく、理解というのならば、私だけ生きていればいいって思ってやってました。

(2015/11/12)


【関連記事】



尾野真千子
おの・まちこ

1981年11月4日生まれ。奈良県出身。河瀬直美監督に見出され、『萌の朱雀』(97年)で映画主演デビュー。『EUREKA』(00年)、『リアリズムの宿』(04年)、第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『殯の森』(07年)などに出演。NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」のヒロイン・糸子役で気を博す。映画はほかに『クライマーズ・ハイ』(08年)、第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』(13年)に出演。今年は『きみはいい子』、『神様はバリにいる』、『ソロモンの偽証』、『起終点駅 ターミナル』に出演。公開待機作として『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16年)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(16年)、『後妻業』(16年)がある。

MOVIE Collection