ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ベイビーズ ―いのちのちから―』トマス・バルメス監督インタビュー

赤ちゃんたちの1年間を追った異色ドキュメンタリーについて聞いた

『ベイビーズ ―いのちのちから―』トマス・バルメス監督インタビュー
誰もが、小さな奇跡の体験を味わうことができる

2009年の4月──アメリカ、アフリカナミビア、モンゴル、日本で生まれた4人の赤ちゃんの1年間を追ったドキュメンタリー映画『ベイビーズ ―いのちのちから―』が、子どもの日の5月5日から公開される。

人間にとって、生まれて最初の1年間ほど急激に変化する時期はない。生まれた直後のフニャフニャとした状態からぐんぐん成長し、いつのまにか首がすわり、寝返りやハイハイをするようになって、ついには歩き始めるのだ。

そんなミラクルな成長ぶりを追った本作を作り上げたトマス・バルメス監督に話を聞いた。

モンゴルの赤ちゃんを撮影中のトマス・バルメス監督(左端)
──なぜ本作を作ることになったのですか?

監督:私にとってこの映画は、過去20年間にわたって作ってきた映画の延長でしかありません。「視点を変えることで常識を覆す」ということへの挑戦なんです。本作は、4人の赤ちゃんが育っていく様子をナレーションもセリフもなく対比させることで、私たちに考えることの余地をたくさん残してくれます。
今、ほとんどの映画が単なる消費財となり、脳に刺激を与えるだけで何も考えずに楽しめるように単純化され、コントロールされています。なので、映像を見ながら考えることが段々不可能になっています。でもこの映画は、誰もが通ってきた時間を描くことで、自分の体験と映画とを結びつけながら、小さな奇跡の新たな体験を味わうことができるのです。

──この映画で描きたかったのはどんなことでしょうか。

監督:この映画で問いたかったことのひとつは、欧米諸国による物質主義環境への依存と、アフリカやモンゴルの家族が、この物質主義環境の欠如について一体どれくらい体感しているのだろうということでした。

(2012/05/07)


【関連記事】



トマス・バルメス
Thomas Balmes

インディペンデントの監督として、世界各地でドキュメンタリー映画を制作。主な作品は『Le dernier des Papous(原題)』『A Decent Factory(原題)』など。プロデューサーとしても活躍し、09年にはNHKのドキュメンタリー番組『東京モダン』の海外プロデューサーをつとめた。

2012年5月5日より新宿ピカデリーほかにて全国公開
[原案]アラン・シャバ [監督]トマス・バルメス [原題]BEBE(S) [英題]BABIES [DATA]2010年/フランス/エスパース・サロウ/79分
(C) 2010 Chez Wam/Thomas Balmes

MOVIE Collection