ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『煙霞 ―Gold Rush―』高畑充希インタビュー

実は音楽には詳しくない!? 美声も魅力の人気女優を直撃

『煙霞 ―Gold Rush―』高畑充希インタビュー
森山さんとの共演はビックリするくらい楽ちんでした(笑)

高畑充希
直木賞作家・黒川博行の原作を、文化交流使として渡ったイスラエルから帰国後、初のドラマ出演となる森山未來を主演に、オール関西キャストで描いたノンストップエンターテインメント『煙霞 ―Gold Rush―』が、WOWOWの連続ドラマW枠で放送される。私立高校の美術講師・熊谷(森山)と共に、金塊をめぐって騙し騙されながら大阪中を駆け回るロック好きな音楽教師・菜穂子を演じた高畑充希にインタビュー。

小林聖太郎監督(『マエストロ!』)の下で伸び伸びと撮影できた現場での森山との共演から、実は音楽にはあまり詳しくないという意外な素顔、そして女優としての心持ちなどを聞いた。


──良質な作品を生み出し続けている「ドラマW」への出演ですね。

高畑:そうですね。WOWOWはずっと出たかったので嬉しかったです。「ドラマW」は映画っぽく撮影しながらドラマであるというおもしろい枠ですし。それから、森山さんがイスラエルから戻ってきて初のドラマ作品。森山さんが出ていたNHKの『夫婦善哉』が好きで見ていたので、いつか一緒にお仕事ができたらなと思っていたんです。舞台でご一緒できる機会があるかなと思っていたら、今回このお話しをいただいて。俄然興味が沸きましたね。

『煙霞(えんか) ―Gold Rush―』
7月18日(土)夜10時よりスタート(全4話/第1話無料放送)
──実際に、森山さんと共演された感想はいかがですか?

高畑:すごく楽でした。もしかしたら私が勝手に気を使っていないだけだったのかもしれないですけど(笑)。森山さんのことはもともとリスペクトしていました。自分の地位を確立していながら、新しいことにどんどん挑戦していく姿が凄いなって。小林監督も、とても自由にやらせてくださる監督だったので、森山さんととても自由に演じることができました。

──『煙霞 ―Gold Rush―』の物語自体に関する印象はいかがでしたか?

高畑:まず脚本を読んで、言葉が多いと思いましたね。その中でシリアスな出来事が起きたり、お金が絡んでいったりするんですけど、関西独特の雰囲気なのか、全体的に緩いというか、くたっとした空気を出そうとしているのがはっきりと伝ってきました。言葉のキャッチボールが、見ている方にとって耳にも目にも楽しいと感じてもらえたらいいなと思います。

(2015/07/17)


【関連記事】



高畑充希
たかはた・みつき

1991年12月14日生まれ。大阪府出身。05年に「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使」のオーディションに合格。女優デビューを果たす。07年から12年まで6年間、ミュージカル「ピーターパン」で8代目のピーターパン役を務めた。現在、舞台のみならず、映画、テレビドラマなど多岐にわたって活躍。13年のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で幅広い層への認知度を一気に高めた。歌手としても活動している。

MOVIE Collection