ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

プロフットバッグプレイヤー石田太志インタビュー

足でお手玉!? 世界で唯1人のプロフットバッグプレイヤー・石田太志が開拓者の軌跡を告白

プロフットバッグプレイヤー石田太志インタビュー
誰もやっていなかったことに魅力を感じた

「バッグ」と呼ばれる5cmほどのお手玉のようなボールを蹴り上げる競技「フットバッグ」で、世界唯一のプロプレイヤーにして2014年にはアジア人で初めて世界大会「第35回ワールド・フットバッグ・チャンピオンシップ」で優勝を果たした石田太志選手。

高速で華麗な脚さばきから繰り出されるパワフルかつ芸術的な技や甘いマスクで徐々に人気を集め、テレビ番組への出演も増えているほか、PVがYahoo!などで取り上げられ40万回も再生されるなど、今注目を集めている。

03年にスポーツショップで観た映像をきっかけにフットバッグを始め、11年には会社員を辞めてプロの道へ。そして、14年にはついに世界一達成へと飛躍を続ける彼に、これまでの過程や優勝後の変化、そして共感する映画まで語ってもらった。


石田太志の跳躍力にビックリ。フットバッグはかなりハードなスポーツ!
──まずは、フットバッグとの出会いや石田さんの経歴を教えてください。

石田:始めたのは2003年でした。小・中・高までサッカーを12年やっていて、大学に入ってからサッカーを続けようか悩んでいた時、たまたま入ったスポーツショップで見たフットバッグの映像がすごく格好良くて、衝撃を受けたのがきっかけでした。

──始めた当初はどんな練習をされていたのですか?

石田:まだ日本ではほとんど周りにプレイヤーがいなかったので、サッカーのリフティングのように蹴って独学で練習したり、海外の映像をコマ送りで観てスタープレイヤーの動きを研究したりしていました。そのうち都内の公園で練習している人たちがいるのを発見して、そこで自分より1年先に練習していた方から教わったりと切磋琢磨していました。その後、大学を休学してカナダにワーキングホリデーで1年ほど行ってフットバッグの修行に励んだり大会に出場したりしました。

フットバッグについて熱く語るフットバッグ選手
──プロになったきっかけは?

石田:大学を卒業後、アパレル会社に就職しましたが、フットバッグへの情熱が冷めず深夜12時くらいから練習して朝出勤する生活を送っていて、就職して3年半経ってプロになろうと決めました。11年、27歳のときです。(プロとして)フットバッグで生活をするのは世界中でも今までない道だったのでどうなるか分からなかったですが、誰もやっていなかったことに対して魅力を感じて。思い切ってプロへ転身し、色々なイベントでパフォーマンスをさせていただいたり、教える活動を始めました。

(2015/02/03)


【関連記事】



石田太志
いしだ・たいし

1984年4月5日生まれ、神奈川県横浜市出身。プロフットバッグプレイヤー。2014年にアジア人で初めてフットバッグの世界大会「第35回ワールド・フットバッグ・チャンピオンシップ」で優勝。世界でただ一人のプロフットバッグプレイヤーでもあり、パフォーマンス活動のほかにフットバッグをいかして高齢者を対象にしたトレーニングを行うなど、啓蒙活動にも力を入れている。石田太志公式サイト=http://www.taishiishida.net

MOVIE Collection