ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『タクミくんシリーズ あの、晴れた青空』インタビュー 浜尾京介×渡辺大輔

人気BLシリーズで運命の恋人を演じてきた2人がついに卒業!

『タクミくんシリーズ あの、晴れた青空』インタビュー 浜尾京介×渡辺大輔
4作目にして、一番難しい作品だった(浜尾)

全寮制男子校を舞台に切ない恋が展開する、累計部数400万部を超えるボーイズラブ小説「タクミくんシリーズ」の映画化第5弾『あの、晴れた青空』。主役のタクミと、運命の相手ギイに扮するのは、2作目から4作連続でのキャスティングとなる浜尾京介と渡辺大輔。浜尾と渡辺は共に、今作でシリーズからの卒業が発表されており、支えてきたファンにとってもより忘れられない1本になるだろう作品だ。

タクミの兄の命日を巡って、タクミの過去が明らかになる本作。互いに最も大切な存在なのに、すれ違いに苦しむふたり……。テーマは“永遠の愛”。またもや乙女心を刺激し、その禁断の愛と美しさで魅了する『あの、晴れた青空』。ゴールデンコンビとして絶大な支持を得る浜尾と渡辺が、ラスト出演となる本作、そしてシリーズ全体を振り返った。

──シリーズ5作目、おふたりにとっては4作目の出演となった『あの、晴れた青空』ですが、脚本を読まれたとき、また実際に演じてみての感想は?

浜尾:4作目にして、一番難しいと思いました。今回は、今まで出てこなかったタクミの過去にまつわる話が軸になっているんですよ。それはタクミが“人間接触嫌悪症”になった理由で。
 タクミはとても大切な存在だったお兄ちゃんに裏切られて、両親にも拒まれて、そこからどんどん壁を作って、人を嫌いになっていったんです。理解はできるんですけど、気持ちを入れるのが難しい。ギイに過去を告白する長いシーンがあるんですけど、どんな思いで言ってたんだろうって……。本当に難しかったです。

渡辺:確かに難しい作品でした。なおかつ切ない。今回は、1年生からのふたりの関係性が出てきたり、タクミのお兄ちゃんや家族への思いなど、集大成が入っている。まお(浜尾)とは特に現場で話さなくても、意志疎通ができていたと思いますね。
それから、ほかのキャラクターのさりげないフォローの入れ方と支えにも感動しました。そういう視点から見てもおもしろいかなと。5回見てくださいとは言いませんが、せめて2回以上は見てください(笑)。

──映画でこれだけ同じ役をやるというのは貴重な体験ですよね。

浜尾:ここまで続いたのは、応援してくださるファンのみなさんのおかげだなって、いつも思っています。シリーズを愛してくれているファンの方々や、原作のごとう先生がいるからこそできたことだと思います

渡辺:確かに映画で、3年間にわたって同じ役をやらせていただきました。でも作品をこなせばこなすほど、評価されればされるほど、もっと役に近い、ファンの方がより納得するタクミやギイを演じなければならないというプレッシャーもありましたね。いろんな方に支えられながら、自分たちが4作品続けられたシリーズを、たくさんのファンに見てもらえるのは光栄なことだと思っています。

(2011/8/17)


【関連記事】



浜尾京介
はまお・きょうすけ

1991年6月25日生まれ。東京都出身。ミュージカル『テニスの王子様』でデビュー。『天装戦隊ゴセイジャー』などに出演し人気を得る。『タクミくんシリーズ2 虹色の硝子』『タクミくんシリーズ3 美貌のディテイル』『タクミくんシリーズ4 Pure〜ピュア〜』と、同シリーズに連続主演。

渡辺大輔
わたなべ・だいすけ

1982年11月6日生まれ。神奈川県出身。ドラマ『ウルトラマン メビウス』でデビュー、ミュージカル『テニスの王子様』などへの出演を経て、『タクミくんシリーズ2 虹色の硝子』『タクミくんシリーズ3 美貌のディテイル』『タクミくんシリーズ4 Pure〜ピュア〜』と、同シリーズに連続出演。

[監督・編集]横井健司 [脚本]金杉弘子 [原作]ごとうしのぶ [出演]浜尾京介、渡辺大輔、滝口幸広、馬場良馬、内藤大希、高崎翔太、石橋保 [DATA]2011年/日本/ビデオプランニング/89分
(C) 2011 ごとうしのぶ/角川書店・タクミくんシリーズPartners

MOVIE Collection