ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『海を感じる時』市川由衣インタビュー

大胆演技に女優人生をかけた思いを語る

『海を感じる時』市川由衣インタビュー
完成した作品を見たときに涙が止まらなかった

これまで何度も映像化の話がありながらも実現されなかった作家・中沢けいのデビュー作『海を感じる時』が、30年以上の時を経て実写映画化された。主人公・恵美子を演じたのは、映画『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』(06年)以来、8年ぶりの映画単独主演となる市川由衣だ。

劇中では、思いを寄せる先輩の洋(池松壮亮)に愛されたいがために、言われるがままに体を捧げ、次第に大人へと成長していく姿を濃厚なラブシーンと共に表現。これまでのイメージを大きく変えるような大胆演技で新境地を切り開いた。「女優人生をかけた」という市川は作品にどんな思いを込めたのだろうか。


市川由衣
──市川さん演じる恵美子は、池松壮亮さん演じる洋からの愛を感じられずにいながらも、体を捧げるという女性でしたが、どのように役柄に入っていこうと思ったのでしょうか?

市川:1番最初に脚本を読んだときは、恵美子のことを「痛い女だな」という印象を持ったのですが、何度も読み返していくと、とてもピュアで純粋なんだなって感じるようになりました。ピュアさゆえの痛さが恵美子の魅力なんだって感じたんです。だから恵美子の持つピュアな気持ちが、洋に対しても、母親に対しても、絶対に負けないようにということを意識しました。

──劇中は、母親や洋に対して、むき出しの感情や体のやり取りがあります。激しいラブシーンを演じることに対して、どんな思いだったのですか?

市川:心も体もさらけ出すという意味では、恵美子という人物を演じる上で、何かを制限していては物語が成立しないと思いました。脚本を読んでから、この作品に出演しようと決心するまではかなり悩みましたが、やると決めてからはスッキリとした気分で臨めました。

──1番悩んだ部分はどのあたりですか?
市川由衣

市川:この役をやることになれば、撮影中はきっと病むだろうなって(笑)。あとは、やはり私も普通の女の子なので、肌を見せるという部分では、悩まなかったといえば嘘になりますね。でも撮影の現場では、監督とカメラマンさんだけにしてくれたり、すごく気持ちを大事にしてくださったので、安心して飛び込んでいけました。

──出来上がった作品をご覧になってどんな感想を持ちましたか?

市川:初めて完成した作品を見たとき、涙が止まらなかったんです。自分の映画で泣いたのって初めてでした……。あまり色々なことを背負わずに作品に臨もうって思ったのですが、自分のなかで殻を破りたいっていう気持ちや、8年ぶりの主演作ということでプレッシャーもあったんだと思います。だからホッとしたんでしょうね。

(2014/09/12)


【関連記事】



市川由衣
いちかわ・ゆい

1986年2月10日生まれ。東京都出身。01年にドラマ『渋谷系女子プロレス』で女優活動を開始する。03年には『呪怨』でスクリーンデビューを果たすと、05年の『サイレン〜FORBIDDEN SIREN〜』で映画初主演を務める。その後も、映画『ラフ ROUGH』(06年)、『NANA2』(06年)など話題作に出演し、女優としてのキャリアを積む。14年には本作のほか、園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』にも出演している。

2014年9月13日よりテアトル新宿ほかにて全国公開
[監督]安藤尋 [脚本]荒井晴彦 [原作]中沢けい [出演]市川由衣、池松壮亮、阪井まどか、高尾祥子、三浦誠己、中村久美 [DATA]ファントム・フィルム

(C)『海を感じる時』製作委員会

MOVIE Collection