ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『TOKYO TRIBE』園子温監督&清野菜名インタビュー

世界初のバトル・ラップ・ミュージカルを作り出した監督と、パンチラ・アクションを大胆披露したシンデレラガールの対談が実現

『TOKYO TRIBE』園子温監督&清野菜名インタビュー
このエンタメは重くなくていい、ラップとストリート感だけでやってみよう、と(園監督)

ポップカルチャー満載の井上三太原作による人気コミック「TOKYO TRIBE2」を園子温監督が実写映画化した『TOKYO TRIBE』。豪華キャストや本物のラッパーたちがラップを披露しながら、ド派手なアクションも繰り広げるエンターテインメントに仕上がっている。

本作について、原作や劇中で登場人物が身につけ、井上三太が手がけるブランド“SANTASTIC!”でも扱われている“SARU”Tシャツを着込んだ園子温監督と、ヒロイン・スンミ役に抜擢された新星・清野菜名が膝を交えて語ってくれた。


清野菜名(左)と園子温監督(右)
──原作はもともと読まれてましたか?

監督:「TOKYO TRIBE」は読んでいたけど、映画化した「TOKYO TRIBE2」はオファーが来てから読みました。全12巻もあるし、ちゃんとコンセプト考えないと、邦画にありがちなグチャグチャ映画になっちゃうな、と思ったね(笑)。

清野:世代ではないから連載当時は読んでなかったんですけど、オーディションを受けるに当たって読みました。男同士の熱いバトルと、いろんなTRIBEがかっこいいと思いました。


──主人公たちの人間関係が原作とはずいぶん違っていて驚きました。フジヲ(主人公・メラの恋人でスンミに似ている女性)という女性の存在自体、一切出てこないし……。
園子温監督

監督:あー、事故で死んじゃう人ね。いや、12巻ある原作をいかに2時間弱の映画に収めるかっていう課題の話になるんだけどね。原作は連載だし、読むだけでもある程度時間がかかる。ただ、映画の場合は、陰惨な事件から始まって殺し合いもあったあと、2時間弱で「お前もいいヤツだな」って握手するってのは正直言って相当無理がある。
 今回のエンタメはそれほど重くなくてもいいし、見せるべきところはそこじゃないと思ったんだよね。実を言うと、はじめに他の人が書いた脚本で“友情と裏切り、そして恋”みたいなものがあったんだけど、邦画のオーソドックスな青春映画で、それもつまんないし、“TOKYO TRIBE”じゃないな、と。ストリート感とラップという“TOKYO TRIBE”のエキスだけでやっていってみようと、そうやって映画作りが始まっていった感じだな。

(2014/09/03)


【関連記事】



園子温
その・しおん

1961年12月18日生まれ、愛知県出身。1987年、『男の花道』でぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞。PFFスカラシップ作品『自転車吐息』(90年)がベルリン国際映画祭に正式招待されたほか、各国の国際的な映画祭で上映される。『自殺サークル』(02年)、『紀子の食卓』(06年)といった問題作を放ち、注目を集める。以降、『愛のむきだし』(08年)、『冷たい熱帯魚』『恋の罪』(共に11年)、『ヒミズ』(12年)、『地獄でなぜ悪い』(13年)など、衝撃的な内容の作品を発表。今後、『ラブ&ピース』『新宿スワン』が2015年公開予定となっている。

清野菜名
せいの・なな

1994年10月14日生まれ、愛知県出身。2007年ファッション誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリ・ペンティーズ賞を受賞、同誌専属モデルに。以降、女優としてテレビ、舞台などで活躍。映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』(14年)に出演。また、『ヌイグルマーZ』(14年)ではアクション吹き替えとして出演している。

2014年8月30日より新宿バルト9ほかにて全国公開
[監督・脚本]園子温 [原作]井上三太 [出演]鈴木亮平、YOUNG DAIS、清野菜名、佐藤隆太、染谷将太、窪塚洋介、竹内力 [DATA]2014年/日本/日活

(C) 2014 INOUE SANTA/"TOKYO TRIBE" FILM PARTNERS

MOVIE Collection