ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『呪怨 −終わりの始まり−』佐々木希インタビュー

ホラー映画初挑戦の佐々木希が、女優業への心境の変化を語る

『呪怨 −終わりの始まり−』佐々木希インタビュー
ホラー映画はずっと苦手でした

ハリウッドでリメイクされるなど、世界中を恐怖に陥れたホラー作品『呪怨』シリーズ最新作『呪怨 −終わりの始まり−』が公開される。

小学3年生の学級担任を務めることになった結衣(佐々木希)は、不登校を続ける佐伯俊雄の自宅を訪問することにするが、そこは「呪われた家」だった……。かつて悲惨な末路をたどった佐伯一家。彼らが住んでいた家に足を踏み入れた者は、すべてが奇妙な死をとげてしまうのだ。

本作では笑顔を封印し、次々と起こる不可思議な現象に翻弄(ほんろう)される教師を熱演する佐々木に、自身は「苦手」だと語るホラー映画に出演した感想、そして女優業に対する思いについて聞いた。


佐々木希
──Jホラーの代表作である『呪怨』シリーズの最新作に出演することになった感想を聞かせてください。

佐々木:私は本当にホラー映画が苦手で、今までまったく見ることがなかったんですが、そんな私でも、『呪怨』というシリーズは、特に怖いホラー映画だというイメージがあります。ですから、そういった人気シリーズに出演できて光栄な気持ちもありましたけど、その反面、大丈夫かな、という心配もありました。

──撮影は怖かったですか?

佐々木:撮影自体は怖くなかったんです。でも、怖くないからこそ、逆に大変だったかもしれません。スクリーンではさまざまな怪奇現象が起こっていますけど、撮影現場は、スタッフさんたちがその準備に動き回りながらも、和気あいあいとした雰囲気でした。そんななかで本気で怖がるためには、集中力や、想像力を豊かにしないといけなかったですね。

──演じてみて特に怖かったシーンは?

佐々木:(家に棲みついている恐怖キャラクターの)伽椰子さんと俊雄くんに挟まれたんです! 現実にあったら、ショック死するかもしれません(笑)。

──今回は先生役をやってみてどうでしたか?

佐々木:私、子どもが大好きなんです。この映画は、ほとんどが学校のシーンか、俊雄くんと一緒のシーン。撮影中は常に子どもがまわりにいるような環境だったので、撮影に行くのが楽しみでした。俊雄くん演じる(小林)颯くんも普段は可愛い男の子ですからね。

佐々木希
──休憩中は子どもたちと遊んだり?

佐々木:ずっとそんな感じでした。颯くんにポケモンの話を聞かせてもらったり、一緒に本を読んだりしていました。

──俊雄役の小林颯さんと芝居をしてみていかがでした?

佐々木:普段がとても可愛いので、猫背で小さくなると不気味でした…。俳優さんとしてすごいなと思っていました。小学校3年生なのに、監督の説明をきちんと理解して演じていて。すごいということに加えて感動もしていました。でも、撮影が終わった後、きちんとメイクを落として、小学生に戻ると、会話も小学生らしいものになるので、ホッとしました。可愛いなと思って。

──俊雄を演じて白塗り姿になると、小林颯が一変するんですね。

佐々木:撮影中はとても寒かったですし、颯くんは裸だったので、親心みたいなものが沸き起こって。ずっと毛布でくるんで、寒いね、なんて言っていました。

──映画ではおどかされる側ですが、現場では俊雄くんをいたわっていたと。

佐々木:そう。逆にいたわっていました(笑)

(2014/06/27)


【関連記事】



佐々木希
ささき・のぞみ

1988年2月8日生まれ。秋田県出身。2005年に「週刊ヤングジャンプ」の「オーディション ギャルコン2005」でグランプリを獲得してデビュー。その後も、女性ファッション誌「PINKY」「non-no」のモデルとして活躍した。08年には映画『ハンサム スーツ』で女優デビュー。テレビドラマ『神の雫』で連ドラ初出演。09年の映画『天使の恋』で主演をつとめた。主な映画作品として『アフロ田中』『ぱいかじ南海作戦』(共に12年)、『サンゴレンジャー』『風俗行ったら人生変わったwww』(共に13年)など。

2014年6月28日より新宿バルト9ほかにて全国公開
[監督・脚本]落合正幸 [出演]佐々木希、青柳翔、トリンドル玲奈、金澤美穂、高橋春織、黒島結菜 [DATA]2014年/日本/ショウゲート

(C) 2014『呪怨 −終わりの始まり−』製作委員会

MOVIE Collection