ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『渇き。』小松菜奈インタビュー

新人女優が中島監督、役所広司ほか豪華俳優陣と対峙。現場に臨んだ気持ちとは?

『渇き。』小松菜奈インタビュー
役所さんの「心に余裕をもって演じれば大丈夫だよ」という言葉に救われた

映画『嫌われ松子の一生』(06年)や『告白』(10年)など、独創的な世界観をスクリーンで表現してきた中島哲也監督の最新作『渇き。』。謎の失踪を遂げた娘を狂気に満ちた形相で追い続ける父親。次第に明らかになる娘の裏の顔……。人間の持つ愚かさや残酷さを中島監督ならではのエンターテインメント作品に仕上げた快作だ。

そんな本作で役所広司演じる藤島の娘・加奈子に抜擢されたのが、劇場公開映画初出演となる小松菜奈だ。“厳しい現場”と言われている中島組に挑んだ18歳の新鋭女優の素顔に迫った。


小松菜奈
──中島組での撮影はいかがでしたか?

小松:中島監督は怖いと聞いていたので、現場では怒られるんだろうなって思っていたんです。でもそれには負けたくないという気持ちは強かったです。また登場人物のキャラクターがとても個性的なので、加奈子の存在感が消されてしまうのも嫌だなって思っていました。撮影は緊張するし、大変だろうと想像していましたが「私が加奈子を演じるんだ」という強い気持ちを持って臨みました。実際、監督はとても優しかったですけどね(笑)。

──お父さん役の役所さんをはじめ、中谷美紀さん、妻夫木聡さんなど、錚々たる顔ぶれに囲まれての大役でしたが、いかがでしたか?

小松:共演者の名前を聞いたときは「どうしよう!」って不安しかなかったですが、そのなかでも、自分にしかできない加奈子を演じたいという思いは強かったので頑張りました。出来上がった作品を見て、加奈子の伸び伸びとした部分は表現することができたのかなって感じることができたので良かったです。

小松菜奈
──役所さんとはかなりハードなシーンがありましたが、共演してみていかがでしたか?

小松:対峙するシーンでは、中島監督から、なかなかOKがもらえずパニックになってしまったんですね。でもそのとき、役所さんに「心に余裕をもって演じれば大丈夫だよ」って言っていただき、それで緊張がほぐれてOKが出たんです。その言葉にはとても救われました。

(2014/07/02)


【関連記事】



小松菜奈
こまつ・なな

1996年2月16日生まれ。東京都出身。08年よりモデルとして活動を開始。その後、雑誌やPVなどで活躍し、「NTT docomo dビデオ」のCMで話題を集める。本作オーディションで中島哲也監督に抜擢され、劇場公開映画デビューを果たす。待機作に『近キョリ恋愛』(14年)がある。

2014年6月27日より全国公開
[製作]小竹里美、鈴木ゆたか [監督]中島哲也 [脚本]中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子 [原作]深町秋生 [出演]役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀 [DATA]2014年/日本/ギャガ
(C) 2014「渇き。」製作委員会

MOVIE Collection

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

6年越しの片思いの末、あっという間に倦怠期の夫婦に!?


最新ニュース