ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『MONSTERZ モンスターズ』山田孝之&石原さとみインタビュー

8年ぶりに再共演の2人が、当時の印象や四苦八苦した中田監督の撮影スタイルまでざっくばらんに語り合う!

『MONSTERZ モンスターズ』山田孝之&石原さとみインタビュー
8年前の共演で覚えているのはビンタされたこと(山田)

『クロユリ団地』の中田秀夫監督がメガホンをとり、山田孝之と藤原竜也という日本映画界をけん引するふたりが初共演を果たしたサスペンス・アクション『MONSTERZ モンスターズ』。すべての人々を目で操る“男”(藤原)と、唯一操られない終一(山田)が出会ったとき、生死を懸けた壮絶な戦いが始まる!

周囲の人々を守るため“男”との対決を決意する終一に扮した山田と、終一と惹かれあうヒロイン叶絵に扮した石原さとみにインタビュー! 8年ぶりの再共演を果たしたふたりが、中田監督、独特の本番スタートの声掛けについてや、互いの魅力をざっくばらんに語り合った。


山田孝之
──ドラマ『H2 〜君といた日々』以来、約8年ぶりの共演ですね。

山田:8年ですかぁ。

石原:覚えてますか?

山田:覚えてはいますよ、なんとなく。ビンタされたなとか。

石原:ビンタ!?

山田:芝居で、ですよ。

石原:ありましたっけ、そんなシーン。

山田:遊園地でおんぶしたなとか。

石原:あ、ありましたね! よく覚えてますね。

山田:俺のほうが覚えてる。石原さん、全然覚えてないじゃん。

石原:私は夏の設定の撮影を12月にやっていたので、みんなノースリーブに短パンとかすごい格好で、息が白くならないように氷を食べながら撮影したのを覚えてますね。懐かしい。

──そのときの山田さんの印象で覚えていることは?
石原さとみ

石原:当時? なんだか、手が乾燥してるなって。

山田:(苦笑)

石原:お話しするのは緊張していたのか、手ばかり見ていたんですよ。でも、今回久しぶりにお会いしたら潤ってました(笑)。

──再共演でしたが、現場では何かお話しされたりしましたか?

石原:してないですね。

山田:そうですね。

石原:明るい物語だったらまた別かもしれませんが、中田組ですし。

山田:集中力を要するので、空き時間といってもボケっとしているよりは、みんなその次のシーンに向けて気持ちを作ったりしているので。石原さんの演じた叶絵なんてしょっぱなからヒドイことさせられてますからね。(藤原)竜也くん演じる“男”に操られて。そういうシーンをずっと撮っているわけですから、「久しぶり〜!」とかって言えないですよ。しかも昔もそんなに喋ったわけでもないですし。

石原:そうですよね(笑)。

(2014/05/30)


【関連記事】



山田孝之
やまだ・たかゆき

1983年10月20日生まれ。鹿児島県出身。テレビドラマ『ウォーターボーイズ』(03年)などで注目を集め、映画『電車男』(05年)で主演をつとめた。その後も、『クローズZERO』(07年)、『悪の教典』(12年)、『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官REIJI』(14年)など三池崇史監督作品をはじめ、多くの作品で個性的な役柄を演じている若手実力派。ほか主な映画出演作に『手紙』(06年)、『鴨川ホルモー』(09年)、『闇金ウシジマくん』(12年)、『凶悪』(13年)など。

石原さとみ
いしはら・さとみ

1986年12月24日生まれ。東京都出身。第27回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。03年、東陽一監督の『わたしのグランパ』(03年)でデビューを飾り、数々の新人賞に輝く。幅広い分野で活躍を続け、今年はテレビドラマ『失恋ショコラティエ』(14年)の好演で話題を集めた。ほか主な映画出演作に『包帯クラブ』(07年)、『インシテミル7日間のデス・ゲーム』(10年)、『貞子3D』『カラスの親指』(共に12年)など。

2014年5月30日より全国公開
[監督]中田秀夫 [脚本]渡辺雄介 [原案映画]『HAUNTERS(原題)』キム・ミンソク監督 [出演]藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也 [DATA]ワーナー・ブラザース

(C) 2014「MONSTERZ」FILM PARTNERS

MOVIE Collection