ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『瀬戸内海賊物語』柴田杏花&葵わかな&大森研一監督インタビュー

日本版『グーニーズ』を体当たりで演じた2人の若手女優と監督が、小豆島の魅力と撮影エピソードを語る

『瀬戸内海賊物語』柴田杏花&葵わかな&大森研一監督インタビュー
家族みたいな感じで毎日を過ごしていて、すごく楽しかった(柴田)

日本版『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』とも言える本格アドベンチャー映画の登場だ。美しい海に囲まれた瀬戸内の島々に住む少女と仲間たちは、島の危機を救うため、かつて日本に実在した海賊・村上水軍の財宝を探すために激しい潮流のなか、舟を漕ぎ始めた……。

全国から1027名もの応募者が集まったオーディションで見事、主人公・楓役に選ばれたのは柴田杏花。瀬戸内の海賊大将軍・村上武吉の血を引き、少々の無茶などお構いなしに突き進む少女を熱演している。

そして楓の同級生・愛子役にはアイドルグループ・乙女新党のメンバーでもある、葵わかな。最初は楓に反発心を抱きながらも、次第に心を開いていき、楓たちと一緒に村上水軍の財宝探しに協力することになる少女を好演している。

原案となったのは、2011年に開催された「瀬戸内国際こども映画祭」エンジェルロード脚本賞のグランプリ作品「笛の伝言−瀬戸内海賊物語−」。受賞者である新鋭・大森研一監督が、脚本・監督を務めている。

誰もが子どもの頃に抱いていたまっすぐな思いと、支え合う大人たちの姿を通じて、今、本当に大切なものは何かを新たに問いかける本作。大森監督と柴田、葵の3名に本作の裏側について話を聞いた。


左から大森研一監督、柴田杏花、葵わかな
──村上海賊の財宝を探す子どもたちの物語という、どこか『グーニーズ』をほうふつとさせるような物語性が魅力的な作品だと思ったのですが、そのあたりは意識しましたか?

監督:幼いときに見た『グーニーズ』などの作品には魅力を感じていました。そういった作品にリスペクトを捧げようと思ったときに、日本で撮るなら、地元である村上水軍の物語だと思ったんです。もちろんしっかりとしたドラマを撮りたいという気持ちもありますから、そういったドラマ性を確立した上で、アクションや冒険というものを描こうと思ったんです。

──そういった冒険物語を女の子がやると聞いてどうでした?
柴田杏花

柴田:この作品に本当に出たかったので、決まったときは嬉しかったです。私の役は、ほぼ男の子のような女ガキ大将の役なので、ちゃんと楓に近づけるように頑張りました。とても大きな重要な役ということで、いろいろなプレッシャーもありましたが、撮影が始まれば、子どもたち4人(柴田杏花、葵わかな、伊澤柾樹、大前喬一)が本当に家族みたいな感じで毎日を過ごしていたので、すごく楽しかったです。

:最初のオーディションのときは、どの程度の冒険になるのか分かりませんでした。でも、台本を読んでいくと、洞窟という言葉や、水のなかに落ちる、といった言葉が出てきて。「え! どこまでいくんだろう」と思っていました(笑)。

──映画で演じた役柄が、実際の自分に近いなと思った点はありますか?

柴田:自分で演じていても、楓はすごいなと思わされることが多かったですね。あきらめない心や、友だち思いな面もそうですし、最後までやり遂げるということも勉強になりました。

:人付き合いが苦手なところは私と一緒ですけど、気の強い役は初めてなので、それが新鮮でした。ただ、私は気が強いように思われがちなので、本当は優しいんだよというところをアピールしたいですね(笑)。

──苦労した点はありますか?

監督:やはり復元した(村上水軍が使用した)小早舟を漕ぐのが大変でしたね。あれは大人でもまっすぐいかない。4人の子どもたちで漕いでもらわなければいけなかったんですが、それぞれの漕ぎ方がバラバラになってしまったりして。そういうことは大変でしたね。

葵わかな

:潮の満ち引きが本当にすごくて。小早舟は4人が同じ力で漕がないと進まないんですよ。だけど、誰が強いのか分からないのに、「おまえが強い」と言い合ったりしてケンカになったこともありました(笑)。ほとんどが海につかっているか、海の上での撮影だったので、船酔いも激しかった。石にすべったこともありましたし、みんなで真っ黒になりながら、いろいろとやりましたね。

──ほかに苦労した点は?

柴田:岩を登るシーンがあって。一応、ロープはついているんですけど、ロープに引っ張られていくわけではなく、自分の力で登らないといけなかったので、必死でやっていました。撮影はハードでしたけど、でもだんだんそれが普通の感覚になってきて。それ(ハードな撮影)が楽しみで毎日現場に行ってました。

(2014/05/26)


【関連記事】



柴田杏花
しばた・きょうか

1999年8月30日生まれ、東京都出身。07年のデビュー後、09年には雑誌「りぼん」の「りぼんガール」準グランプリを獲得。主な映画出演作品として『シグナル 月曜日のルカ』(12年)。テレビドラマ出演作品として、『白洲次郎』『JIN-仁-』(共に09年)、『ハガネの女』(10年)、『幽かな彼女』(13年)などがある。

葵わかな
あおい・わかな

1998年6月30日生まれ、神奈川県出身。09年にCMでデビュー。12年12月より、アイドルユニット「乙女新党」のメンバーとして活動中。主な出演映画作品として『陽だまりの彼女』(13年)。テレビドラマ出演作品としては『たべるダケ』(13年)、『天誅 闇の仕置人』(14年)などがある。

大森研一
おおもり・けんいち

1975年5月23日生まれ、愛媛県出身。大阪芸術大学卒。映画を中心に幅広い分野で映像制作を続け、国内映画祭で多数の受賞歴を持つ。自身初の商業用長編映画『ライトノベルの楽しい書き方』(10年)は小規模封切りにも関わらず多数の動員でロングラン上映を果たした。監督に留まらず、脚本をはじめ雑誌での小説連載など執筆活動もおこなっている。

2014年5月31日より全国公開(2014年5月24日より香川、愛媛、徳島にて先行公開)
[製作]益田祐美子 [監督]大森研一 [脚本]大森研一、湯原弘康、藤井香織 [出演]柴田杏花、伊澤柾樹、葵わかな、大前喬一、内藤剛志、石田えり、小泉孝太郎、馬渕英俚可、六平直政、阿藤快、石倉三郎、西岡�馬、中村玉緒 [DATA]2014年/日本/松竹

(C) 2014「瀬戸内海賊物語」製作委員会

MOVIE Collection